top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

清野菜名、松坂桃李 ほかキャストスタッフ登壇『耳をすませば』ジャパンプレミアイベント開催!2年以上の時を経て完成した本作に、清野「雫がずっと頭のどこかにいる2年半だった」松坂は「大河ドラマ2本分の想いが詰まっている」とアピール!

cinefil

1989年に少女まんが雑誌『りぼん』で連載された不朽の名作『耳をすませば』 。1995年にはアニメーション映画が公開され、今なお色褪せない青春漫画の金字塔として歴史に刻まれています。そんな伝説的漫画の実写映画が、W主演に清野菜名と松坂桃李を迎え10月14日に全国公開されます。

©︎柊あおい/集英社 ©︎2022『耳をすませば』製作委員会

この度、ジャパンプレミアイベントが開催され
W主演を務めた清野菜名、松坂桃李を筆頭に、
内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督が登壇しました。

■イベント名 :『耳をすませば』ジャパンプレミアイベント
◼日時:9月28日(水) 17:00~17:30
◼会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
◼登壇者:清野菜名、松坂桃李、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督 ※敬称略

 9月28日にイタリア文化会館にて開催された映画『耳をすませば』のジャパンプレミアイベント。撮影開始から2年以上の時を経て、初めてのお披露目となる本イベントに、月島雫・天沢聖司を演じたW主演・清野菜名と松坂桃李をはじめ、主要キャストと監督が盛大な拍手に迎えられ登壇した。

 登壇した清野は無事に今日を迎えられて本当にほっとしております。撮影が始まったのが2020年の3月で終えたのが今年の5月。2年半という長い年月が経ったんですさんに観ていただける日を迎えられ、スタッフの皆さんと今日を待ってくださっていた皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいですと映画完成の喜びと感謝を露わに。

広告の後にも続きます

松坂も本当に(時間が)かかりました。大河ドラマ2本分の想いがこの作品に詰まっています。最後まで楽しんでいってくださいと挨拶。平川監督はさん2年半と言っていますが、この日を迎えられて本当に幸せだなと思います。それだけの想いが込もった作品ですと話した。

コロナ禍での度重なる撮影中断を乗り越え完成した本作。この日を迎えた気持ちを聞かれると清野は撮影が止まってしまった間にも他作品を撮っていたのですが、その間も雫がずっと頭のどこかにいるという2年半で、最後の撮影に臨んだ際、スタッフの皆さんも忙しいはずなのに、2年前と同じ皆さんが集まって下さっていて。2年半分の想いと現場の温かさに涙が溢れてしまいましたと感慨深そうに振り返った。不朽の名作の実写化にかけた想いを問われた松坂はこの役を頂いた時は本当にプレシャーに押しつぶされそうでした。10年後の設定を聞いた時に、雫と聖司の10年後を観れることへの興味の方が大きくて、気持ちを後押ししてくれる原動力になりました。原作やアニメで皆さんが知っている聖司から幅を広げ、天沢聖司の新たな一面を表現できるよう大切に演じましたと役作りについても振り返った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル