top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンドウィッチマンが宮城の新米「食べ比べて」「白いものは白紙に戻す!」とカロリーゼロ理論も

TOKYO HEADLINE


 お笑いコンビのサンドウィッチマンが28日、都内で行われた「令和4年産宮城米説明会および新CM発表会」に出席した。発表会では、新米の「ひとめぼれ」と「だて正夢」を大きな口でほおばり、「食べ比べてほしい!」と宮城産のお米のおいしさをアピールした。 

 サンドウィッチマンが「みやぎ米メッセンジャー」を務めるようになって6年。これまで毎年、CMなどを通じて、そのおいしさを届けてきた。今年のCMでは、2人で小料理屋ののれんをくぐり、こんもりと丼に盛った「ひとめぼれ」と「だて正夢」を、テーブルにずらりと並べられた三陸産のご飯のお供と一緒に堪能する。


 撮影について聞かれると、伊達みきおは「ご飯がおいしいからおかずちょっとで本当にいっぱい食べられる」といい、カットの声がかかっても食べ続け、「(ご飯)3杯か4杯は食べた」。また、ずらりと並んだおかずに驚いたそうで、「(CMでは)鮭を食べました。あれは確か南三陸町かなんかの鮭ハラスだったような気がします。すごいおいしかった。(おかずを)よく考えてくださっていて宮城県で取れたやつを作ってくださって。もっと映しても良かった。もちろんご飯がおいしかったんですけど、おいしい食材はいっぱいありますから」

 一方、富澤たけしが「自分が食べたいおかずが意外と遠くにあって取れなかったりして」というと、伊達は「それはお互いにありました」と強調。富澤はまた、「僕は(共演している)おかみさんをおかずにって言ったんですけど、それはカットされました」と付け加えた。

 

広告の後にも続きます


 イベントでは、新米の「ひとめぼれ」と「だて正夢」の試食も。おかずは一切なしでごはんだけの、みやぎ米のおいしさを味わうストイックなスタイルだったが、2人の箸は一向に止まらなかった。

『ひとめぼれ』を食べた伊達は「上京して25年。(最初は2人で)一緒に住んでいたんですけど、実家から送られてくる米が『ひとめぼれ』で、僕らの体の基礎を作ってくれたのが『ひとめぼれ』です」。

『だて正夢』を食べた富澤は「……名前が名前なので、いつも伊達を食べてるような感覚。甘さ、もちもちと落ちた食感、これが全然他の米と違う。食べればすぐわかる」とアピール。伊達いわく、「両方美味しいですけど味がちょっと違うんですよ。『だて正夢』にはちょっと高級感があるといい。ぜひ食べ比べしていただきたい」

 イベント終了後の取材では、サンドウイッチマンの2人も3杯4杯と食べてしまうおいしさだけに、食べ過ぎを心配する人も出てくるのではないかという質問も。

 すると伊達は「これ本当の話なんですけど、お米って太らないんですよ、誰も言ってないですよ、正式な人は。(お米は)真っ白じゃないですか? 白紙に戻すっていう言葉もありますよね。輝いてる白というのは特に白紙に戻すのでゼロキロカロリー。僕が言ってるんだから間違いない。色ついてるご飯を食べるときには白いお皿に乗せてもらえれば大丈夫です」と、回答した。

 最後に「宮城は本当に米。美味しいご飯がたくさんあります。いろいろおかずもあります。ぜひおいでください」と、アピールした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル