top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

挑戦者・永坂吏羅の「THE MATCHでしょっぱい試合をしていらだっている」に璃明武は「呼ばれてない人間に言われても何とも思わない」【Krush.143】

TOKYO HEADLINE

璃明武が4連続KO勝ちの永坂を相手に初防衛戦

「Krush.143」(11月26日、東京・後楽園ホール)の第1弾カード発表会見が9月28日、都内で開催された。

 Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)が永坂吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を相手に初防衛戦に臨む。

 璃明武は昨年8月と10月に行われた「第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント」を制し、王座を獲得。今年2月にはK-1東京体育館大会で「K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント」に出場し、1回戦で一航を破ったものの、準決勝では優勝した金子晃大にKO負け。6月に行われた「THE MATCH 2022」ではWKBA世界バンタム級、第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者の江幡睦と延長にもつれ込む接戦を演じるも判定負けを喫し、現在2連敗。今回は初防衛戦ではあるが再起を期しての試合となる。

 永坂は2020年9月にKrushのスーパー・バンタム級のトップ戦線で活躍する小倉尚也にKO負けを喫して以降、2021年7月から現在4連続KO勝ちで今回の挑戦にこぎつけた。4連続KOの中には元Krushバンタム級王者の吉岡ビギンからの星も含まれる。

 2人は2019年の「K’FESTA.2」のプレリミナリーファイトで対戦し、璃明武が判定勝ち。永坂にとってはリベンジマッチでもある。

広告の後にも続きます

永坂は「前は良かったけど最近血迷ってる」とばっさり

 会見で永坂が「うまいけど強さはない。THE MATCHにK-1を代表して出て、看板を背負って戦って、あんなしょっぱい試合をして、自分自身ちょっといらだっているところはある」などと璃明武をこき下ろすと、璃明武は「攻撃力はあるが、それ以外は下手。THE MATCHに呼ばれていないような人間に言われても別に何とも思わない」と返した。しかし「ただTHE MATCHでは自分的には情けない試合をしたので、それを取り戻すためにも、その経験をプラスにして今回は圧倒的な差を見せたい」とも続けた。

 また永坂は最近の璃明武について「前は良かったけど最近血迷ってるな、と思っている。ちょっと気になったんですけど“THE MATCHに呼ばれていない”という発言をされていたんですが、出ることがゴールだと思っている時点でファイターとしての違いが見えたと思っている。前は良かったけど、最近は新しいことをやろうとして空回っている感じが見て取れるので、しっかり完成させてきてほしいと思っている」とも語る。これには璃明武は「出ることがゴールだとは思っていない。勝たないと意味がないと思っている。THE MATCHに出られてよかったとは全く思っていない。空回ってますかね? 次の試合のことをしっかり考えているので。ダメなところはしっかり直して、レベルアップしたところを見せたい」などと反論した。

璃明武「自分と見ている人が納得するような試合で防衛したい」

 試合について永坂は「3年半越しのリベンジを兼ねたタイトル戦ということでかなり燃えている。勝ち方にこだわっていきたい。最近は出すまでもないなということで蹴りを封印。パンチでKOしてきたんで、そろそろ蹴りを解放してえぐい、会場が凍り付くようなKOをしようと思う」、璃明武は「Krushは約1年ぶり。チャンピオンとしての仕事をしたい。自分と見ている人が納得するような試合で防衛したい」などとそれぞれ語った。

 またK-1ジャパングループのスーパー・バンタム級はK-1王者・金子晃大と王座決定トーナメント準優勝の玖村将史が2トップに君臨しているのだが、永坂は「自分はまだスタートラインにも立っていないと思うので、いつも通り難なくKOして。2強を食うところまでストーリーをつなげていきたい」、璃明武は「確かにあの2人が抜けて強いかなと思う。永坂選手は他の選手に比べたら強い選手だと思うので、ここでしっかり圧倒して、2強を追い越せるような試合を見せたい」とともに相手を踏み台にして、2トップとの対戦につなげたい意欲を見せた。

「Krush.143」(11月26日、東京・後楽園ホール) 〈9月28日発表のカード〉 ◆Krushスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R 璃明武(王者/K-1ジム総本部チームペガサス)vs 永坂吏羅(挑戦者/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ※王者・璃明武は初防衛戦※ ◆Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R 斎藤祐斗(JK TRIBE)vs 松本涼雅(team ALL-WIN) ◆Krush女子ミニマム級/3分3R・延長1R MOE(若獅子会館)vs ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪) ◆-75kg契約/3分3R・延長1R 植村真弥(WSRフェアテックス幕張)vs ジュリオ・セザール・モリ(ブラジル/ブラジリアンタイ/team Mori) ◆Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R 松山勇汰(TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)vs 宮川太陽(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ◆Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R 塚本拓真(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)vs 松岡翔大(ISHITSUNA MMA)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル