top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

見取り図・リリー、16歳の矢田亜希子は「どストライク」

ナリナリドットコム

女優・矢田亜希子(43歳)が、9月28日に放送されたバラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)に出演。16歳当時の映像を見た見取り図・リリーから「めちゃめちゃ、どストライク」という評価を受けた。

この日、出演者が初めてTBSに出た時の話となり、矢田に「TBSの初出演は、どの番組か覚えていますか?」という質問が出ると、矢田は「もちろん覚えてます。私のデビュー作で金ドラの『愛していると言ってくれ』に出ました。デビュー作なので、16歳の時に。1995年でした」と話す。

豊川悦司の妹役を演じた矢田は、兄と恋人役である常盤貴子に嫉妬して怒るシーンなどが放送されると、矢田は「もう、やだ〜」と照れて、恥ずかしがる。MCの麒麟・川島明が「何が恥ずかしいんですか?リリーさん、(矢田は)めちゃくちゃきれいですよね?」と言うと、リリーも「めちゃめちゃ、どストライクですよ」と断言し、スタジオからは「16歳だから!」とツッコミが入った。櫻坂46の大園玲も「めちゃめちゃおきれいで本当そのまま(アイドル)です。今もおきれいです」と現役のアイドルからしてもきれいだと語る。

矢田は照れつつ「これ、もうノーメイクで出てた」と当時を振り返ると、川島は「どんどん価値を上げるコメントをしてる。照れてる割にはね」とツッコミを入れた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル