top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

脱税疑惑シャキーラに懲役8年の可能性も、司法取引拒否

ナリナリドットコム

シャキーラが、1220万ポンド(約19億円)の脱税疑惑に関する裁判で、最大8年の懲役刑を科される可能性があるという。今年7月にシャキーラが司法取引を拒否したことを受けて、スペインの司法当局が9月27日、懲役刑となる可能性があることを発表した。

今回バルセロナに近いアスプルガズ・ダ・リュブラガートにある裁判所の判事が、正式にシャキーラの出廷を命令、本人が証言台に立つ予定だ。裁判の日程については発表されていないもの、数か月以内に始まるものと見られている。

三人の息子をもうけたサッカー元スペイン代表のジェラール・ピケと、相手の浮気を理由に最近離婚したばかりのシャキーラは、2012年から14年までの3年間に税金の支払いを怠ったとして告発されていた。検察局はシャキーラに対して、6回に及ぶ計1220万ポンド(約19億円)の脱税に対する最大の刑罰を要求、裁判所に提出された起訴状には懲役8年と1920万ポンド(約29億円)の罰金を求めると記載されていた。そして7月29日、シャキーラの弁護士が声明を発表。本人はこの訴えに関して法廷で争う構えであり、無罪を証明するとしていた。

2015年から正式にスペインに居住し、それ以前はバハマを拠点にしていたと主張するシャキーラ。しかし検察局は、シャキーラはピケと共に2011年から同国に住んでおり、ツアーなど仕事を理由に海外に行っていただけだと指摘していた。

ちなみにバハマに住んでいたシャキーラだが、2015年に税法的にスペインの居住者登録を済ませ、現在までに推定250万ポンド(約4億円)の税金を納めたとされている。

スペインに公式に居住している者は、国外からの収入に対しても税金を納める必要があり、1年に183日以上国内にいる者は納税義務のある居住者と見なされる。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル