top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

示談金は三千万円…自賠責保険と任意保険で支払われたが「過失運転致死罪」の裏側

幻冬舎ゴールドライフオンライン

親友の息子・透が人を轢いてしまった。「私、代りになります」自分の将来を犠牲にすることも厭わず、透を守る決断を下した真弓が迎える衝撃の結末とは。※本記事は、小林緑氏の小説『あの空の彼方に』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

あの空の彼方に

玲子さんが下を向いたまま、私に、

「真弓さん、本当に有難う。本当に申し訳ありません。先程は言いすぎてしまって。このお礼はきっとさせて頂きます。あとのことは何も心配しないで。出来るだけのことはさせて頂きますから。どんなに感謝しているか。どうぞ宜しくお願いします。」

救急車で運ばれた男性は、七十五歳の年金生活の方で、奥さんと娘さんが一人いる人でした。

病院で手当を受けましたが、その日のうちに亡くなりました。死亡病名は急性硬模血腫によるショック死でした。

広告の後にも続きます

私の罪名は過失運転致死罪です。

被害者の遺族の方との示談は、損害賠償、慰謝料などなど、全て含めて三千万円で、私の加入していた自賠責保険と任意保険で支払われ、成立しました。

簡易裁判所の略式命令で罰金刑の有罪判決となり、三十万円の即日支払いを執行しました。

行政処分は運転免許取消となりました。私の仕事はその足がなくなり、知人に代ってもらうことになりました。

「何時までも、貴女のところにお世話になっている積りはないのよ。クリニックでは元々、足りていた人員ですもの、私のいる理由はないわ。

運転免許もやがて再取得出来るようですし、復職は無理でしょうけど、探したら何か見つかると思うの。私、欲はないの。親のお蔭で住むところはあるし、食べてゆければそれでいいと思っているの。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル