top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヘイリー・ビーバー、ジャスティンとの交際期間がセレーナとかぶっていたという「疑惑」に答える

フロントロウ

ヘイリー・ビーバーが、ジャスティン・ビーバーとの交際期間がセレーナ・ゴメスとかぶっていたのではないかという疑惑に言及。(フロントロウ編集部)

ヘイリー・ビーバーが交際期間をめぐる疑惑を払拭

 シンガーのジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、ジャスティンとの交際期間がセレーナ・ゴメスとかぶっていたのではないかという疑惑についてポッドキャスト『Call Her Daddy(原題)』で答えた。

この投稿をInstagramで見る

CALL HER DADDY(@callherdaddy)がシェアした投稿

 ご存じの方も多いと思うが、ジャスティンとセレーナは約9年間にわたってくっついたり離れたりを繰り返していた。ジャスティンとセレーナが破局したとされるのは2018年の春頃で、ヘイリーとジャスティンが婚約を発表したのは同じ年の7月。そういった事情もあり、ヘイリーは一部の人たちから「セレーナからジャスティンを略奪した」と非難されたり、セレーナと交際期間がかぶっていたのではないかという疑いをかけられたりした。

 ヘイリーは、ジャスティンと婚約を発表した際に怒った人たちの気持ちを「理解できる」としたうえで、セレーナと交際期間がかぶっていたことはないと断言。「私と彼が付き合い始めたとき、あるいはそういった関係になったとき、彼はどの時点でも誰とも交際していませんでした。私の性格上、誰かと誰かの関係を壊すようなことはありえません。そんなことは絶対にしません。もっと良い人間になるよう育てられました。そういったことに興味はありませんし、興味を持ったこともありません」と言うと「彼が誰かと交際していたときに、彼と一緒にいたことはないと断言できます。この話はこれで終わりです」と述べた。

広告の後にも続きます

 ちなみに、ヘイリーがこの件に言及するのは今回が初めてではなく、2020年に出演したポッドキャスト『Pretty Big Deal(原題)』でも、「世間の人たちは大きな誤解をしていますが、(ジャスティンと再び連絡を取り合うようになったとき)彼はすでに一定の期間シングルで、私もシングルでした」と否定していた

 また、ヘイリーは第三者である自分が2人の関係について代弁するようなことはしたくないとしたうえで、「私が彼と付き合って、婚約して、その前に彼が元恋人と過ごしていたという時系列がときどき問題になります。外からどう見えたのかも、どう認識されていたのかも理解しています。でも、(ジャスティンとセレーナにとって)あのドアを閉めたことは正しいことだったと、私は事実として知っています。彼らはもう付き合っていませんでしたが、(2人のあいだには)とても長い歴史があります。それは2人のことで、私は部外者です。(2人の関係を)私は尊重しています」とも語った。(フロントロウ編集部)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル