top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「制服×水着の組み合わせが夏っぽくて、この衣装を選びました」夏のコスプレイベントでレイヤーたちに聞いた“こだわりポイント”

QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

コスプレイベントといえば、会場を彩るレイヤー陣の衣装を通して、その時期に旬のアニメやゲーム、コミックなどを分析できるところも、参加する上での醍醐味のひとつ。

今年の夏も全国でさまざまなイベントが開催され、魅力あふれるコスプレイヤーが続々と集結。中には水着など、季節にぴったりな衣装を着こなして、写真撮影や交流を楽しむ美女たちの姿も各所で見られた。

この記事の写真を見る(全11枚)

『コミケ100』『となコス』参加コスプレイヤーに聞いた“こだわりポイント”

この記事で紹介するのは、8月13日・14日に東京ビッグサイトで開催された『コミックマーケット100(略称:コミケ)』と、同日に付近で開催された『となりでコスプレ博2022夏(略称:となコス)』で撮影させてもらったコスプレイヤーたち。

その中から、つい先日、続編の制作が発表されたテレビアニメ『その着せ替え人形は恋をする』のヒロイン(に扮したレイヤーたち)を多めにピックアップ! ほかにも、さまざまなアニメ&ゲームの水着バージョンコスプレで参加していたコスプレイヤーたちに“コスプレのこだわりポイント”を聞いてみた。

広告の後にも続きます

「ひも状の細々としたパーツが多くて、着方を覚えるだけでもひと苦労でした。ちょっとでもズレると見栄えが悪くなってしまうので、イラストや資料と照らし合わせながら微調整を重ねて、かっこよく着こなせるようにポージングなどもしっかり練習してきたことが“こだわったポイント”ですね。ちなみに、よく創作衣装と間違われるんですけど、原作コミックにはちゃんと登場しているコスチュームなんです。勝手に改造したわけではないので、ご安心ください(笑)」(『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢、衣装:ブラックロベリア/みねりおさん)

『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:ブラックロベリア)/みねりおさん

「雫たん(作中でのキャラクターの呼称)の特徴といえば、なんといっても“乳袋”なので、最大限に盛って再現しました(笑)。ほかにも、ここではお見せできないんですけど、太ももに書いた“正”の字など、見えない部分にもこだわっています」(『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢、衣装:黒江雫/チロルちゃんさん)

『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/チロルちゃんさん

「制服×水着の組み合わせが夏っぽいし、かわいいなと思って、今回はこちらの衣装を選びました。一番こだわったのはウィッグですね。ショートカットと三つ編みの部分を分けて用意することもできたんですけど、うしろから見ても自然な感じにしたくて。ロングウィッグをカットして、ひとつのウィッグだけで仕上げました」(『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』黒咲芽亜/紅羽りおさん)

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』黒咲芽亜/紅羽りおさん

「夏コミで着ることを目標に、2年前に自分で制作した衣装なんですけど、コロナ渦の影響でコミケそのものが中止・延期になってしまって……。今回こうして、ようやくお披露目することができてうれしい限りです。一番こだわったのはベルトの造形ですね。公式アートワークスという画集に衣装の解説が載っているので、それを見ながら作成しました」(『プリンセスコネクト!Re:Dive』スズナ/あやリるさん)

『プリンセスコネクト!Re:Dive』スズナ/あやリるさん

大盛況となったこのたびの『コミケ100』につづき、次回の『コミックマーケット101』は2022年12月30日・31日に開催予定。果たして、次回の開催時にはどのような作品のコスプレに人気が集中するのか? そうした点にも注意しながら、最新のアニメなどをチェックしておき、会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル