宮野真守、櫻井孝宏も興奮『GODZILLA』が東京映画祭のレッドカーペットをのし歩く
宮野真守、櫻井孝宏も興奮『GODZILLA』が東京映画祭のレッドカーペットをのし歩く
第31回東京国際映画祭が10月25日(水)に開幕した。それを記念して六本木ヒルズアリーナで行なわれた「...

第31回東京国際映画祭が10月25日(水)に開幕した。それを記念して六本木ヒルズアリーナで行なわれた「オープニング レッドカーペットイベント」に、同祭クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』からハルオ役の宮野真守、そのハルオと今作で対峙するメトフィエス役の櫻井孝宏、静野孔文監督、瀬下寛之監督、そしてアニメゴジラ関連のイベントには初登場となる、"ゴジラ"もお目見え。映画祭の始まりに華を添えた。

登壇者のコメントも到着しているので紹介する。


『GODZILLA星を喰う者』(静野孔文監督・櫻井孝宏・ゴジラ・宮野真守・瀬下寛之監督)



 

■ハルオ・サカキ役 宮野真守
日本が誇るゴジラ、初めての長編アニメーションの本作は僕たちが意欲をもって作った作品です。
僕は誠心誠意をこめてハルオを演じました。ハルオは三部作を通してハルオの人生、ハルオという男がどう生きたかをこのゴジラを通して観ていただく映画になっています。
今回はギドラというファンにはたまらない怪獣の直接対決をついに行いますので、その怪獣バトルも大きな見どころになっております。
世界中に届いてほしい作品です。是非みなさん応援よろしくお願いいたします。

 

■メトフィエス役 櫻井孝宏
本作はタイトル通りゴジラが核になる作品ですが、宮野くんが演じるハルオと僕が演じさせていただいたメトフィエスの二人にも決着がつく、アニメゴジラ三部作のクロージングとなる作品です。
とても楽しく、でも魂込めて演じさせていただきました。やりきった思いです。

 

■静野孔文監督
本当に無事完成できてよかったなあと思います。
製作期間が長かったのですが、今は終わってほっとしています。
あとは皆さんに見てほしい。それだけです!

 

■瀬下寛之監督
やっとここまできたかという思いです。
本当に完成できて嬉しいですし、これからたくさんの人に見てもらえるので感動しています。
ただ終わってしまうので、少し寂しい気持ちもあります。


ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』は11月9日に全国公開されるが、「ゴジラの日」である11月3日(土・祝)には、宮野真守をはじめとする、メインキャスト&監督が集結し、世界初お披露目となるワールド・プレミア上映会を実施する。

(更新日:2018年10月29日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME