top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ウィザーズ編】ジャパンゲームズで来日するチームの年俸総額と選手の年俸はいくら?

バスケットボールキング

【ウィザーズ編】ジャパンゲームズで来日するチームの年俸総額と選手の年俸はいくら?

 2019年以来、3年ぶりにさいたまスーパーアリーナで開催される「NBAジャパンゲームズ2022」では、ゴールデンステイト・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズが日本で初の試合を行うこととなる。

 ここでは、30日と10月2日にコートで競演する両チームのうち、ウィザーズの今季年俸総額ならびに高額年俸トップ10選手を紹介していきたい。
※1ドル=144円で換算、下記データ参照先は『Hoops Hype』、日本時間9月28日時点

◆2022-23シーズン ワシントン・ウィザーズ

■年俸総額
1億5618万3668ドル(約224億9044万8192円)

■高額年俸トップ10
ブラッドリー・ビール:4327万9250ドル(約62億3221万2000円)
クリスタプス・ポルジンギス:3383万3400ドル(約48億7200万9600円)
ウィル・バートン:1437万5000ドル(約20億7000万円)
カイル・クーズマ:1300万ドル(約18億7200万円)
モンテ・モリス:912万5000ドル(約13億1400万円)
デロン・ライト:780万4878ドル(約11億2390万2432円)
八村塁:626万3188ドル(約9億189万9072円)
デニ・アブディヤ:491万6160ドル(約7億792万7040円)
ジョニー・デイビス:481万320ドル(約6億9268万6080円)
コーリー・キスパート:355万2840ドル(約5億1160万8960円)

広告の後にも続きます

◆ビールとポルジンギスだけで約110億円!
今季終了後に制限付きFAとなる八村は7位に

 ウィザーズの今季年俸総額はリーグ14位。選手別で見ていくと、ビールがリーグ6位、ポルジンギスが24位タイと、上位にいることがわかる。そして今季終了後に制限付きフリーエージェント(FA)になる八村は、チーム7位に入った。

 『Basketball-Reference.com』によると、現時点における2022-23シーズンのNBA選手たちの平均年俸は935万6134ドル(約13億4728万3296円)、中央値の年俸でも472万5000ドル(約6億8040万円)と超高額。世界最高のプロバスケットボールリーグのチームに所属する選手たちは、文字どおり大金を稼ぎ出していることがわかるはずだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル