top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ウォリアーズ編】ジャパンゲームズで来日するチームの年俸総額と選手の年俸はいくら?

バスケットボールキング

【ウォリアーズ編】ジャパンゲームズで来日するチームの年俸総額と選手の年俸はいくら?

 2019年以来、3年ぶりにさいたまスーパーアリーナで開催される「NBAジャパンゲームズ2022」では、ゴールデンステイト・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズが日本で初の試合を行うこととなる。

 ここでは、30日と10月2日にコートで競演する両チームのうち、昨季リーグを制して今季2連覇を目指すウォリアーズの今季年俸総額ならびに高額年俸トップ10選手を紹介していきたい。
※1ドル=144円で換算、下記データ参照先は『Hoops Hype』、日本時間9月28日時点

◆2022-23シーズン ゴールデンステイト・ウォリアーズ

■年俸総額
1億9894万9763ドル(約286億4876万5872円)

■高額年俸トップ10
ステフィン・カリー:4807万14ドル(約69億2208万2016円)
クレイ・トンプソン:4060万80ドル(約58億4641万1520円)
アンドリュー・ウィギンズ:3361万6770ドル(約48億4081万4880円)
ドレイモンド・グリーン:2580万6468ドル(約37億1613万1392円)
ジェームズ・ワイズマン:960万3360ドル(約13億8288万3840円)
ケボン・ルーニー:800万ドル(約11億5200万円)
ジョナサン・クミンガ:573万9840ドル(約8億2653万6960円)
ドンテ・ディビンチェンゾ:450万ドル(約6億4800万円)
ジョーダン・プール:390万1399ドル(約5億6180万1456円)
モーゼス・ムーディー:374万160ドル(約5億3858万3040円)

広告の後にも続きます

◆カリーは2025-26シーズンまでリーグトップ
今季はビッグ4だけで驚異の212億円超え!

 ウォリアーズの今季年俸総額はリーグトップ。選手別で見ていくと、カリーが1位、トンプソンが11位、ウィギンズが28位タイ、グリーンが52位にランクイン。ちなみにカリーは今季から4シーズン連続でリーグトップの年俸となる。

 『Basketball-Reference.com』によると、現時点における2022-23シーズンのNBA選手たちの平均年俸は935万6134ドル(約13億4728万3296円)、中央値の年俸でも472万5000ドル(約6億8040万円)と超高額。世界最高のプロバスケットボールリーグのチームに所属する選手たちは、文字どおり大金を稼ぎ出していることがわかるはずだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル