top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ニューカッスル、1月にマディソン獲得に再挑戦か…今夏2度オファー提示も移籍実現せず

SOCCER KING

ニューカッスル、1月にマディソン獲得に再挑戦か…今夏2度オファー提示も移籍実現せず

 ニューカッスルが来年1月の冬の移籍市場で、レスター所属のイングランド代表MFジェームズ・マディソンの獲得に乗り出す可能性があるようだ。27日、イギリス紙『タイムズ』が伝えている。

 以前からマディソンに対し強い関心を寄せているニューカッスル。今夏の移籍市場でも2度に渡ってオファーを提示したことが明らかになっている。しかし、4000万ポンド(約60億円)の1度目のオファー、4500万ポンド(約70億円)の2度目のオファーともにレスター側に拒否され、移籍実現には至らなかった。

 今夏の獲得を逃したニューカッスルだが、マディソンに対する関心は依然として強いとのこと。同クラブを率いるエディ・ハウ監督は攻撃に創造力をもたらす司令塔の獲得を熱望しており、マディソンの才能に注目しているという。また、クラブ側も監督の意向を汲み、同選手を獲得候補の上位に位置付けているようだ。報道によると、今冬の移籍市場においてレスター側が移籍金の提示額を下げた場合、ニューカッスルが獲得に本腰を入れる可能性が高いという。

 27日のイギリス紙『デイリーメール』は、ニューカッスルが今冬に相応の金額を提示した場合は移籍実現の可能性は低くはないと指摘。現行契約の期限を1年半ほど残した今冬のタイミングであれば、比較的高い金額での売却も見込めるため、財政的な問題を抱えているレスターが移籍を容認する可能性はあると伝えている。

 現在25歳のマディソンは2018年夏からレスターでプレー。ここまで公式戦178試合の出場で48ゴール33アシストを記録するなど、チームの主軸として活躍している。今季もここまで公式戦7試合の出場で3ゴール1アシストを記録。チームがリーグ最下位に沈む中、孤軍奮闘の活躍を見せている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル