top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奈緒、『ファーストペンギン!』主人公のモデル坪内知佳と対談 「“運命”を感じています」

Real Sound

(左から)奈緒、坪内知佳氏 ©︎日本テレビ

 10月5日より日本テレビ系で放送がスタートする水曜ドラマ『ファーストペンギン!』で主演を務める奈緒と、主人公のモデルとなった坪内知佳氏が対談を行った。

参考:タイを片手に笑顔はじける奈緒の姿が 『ファーストペンギン!』ポスタービジュアル公開

 本作は、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女とともに改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”をモデルにしたリアルサクセスストーリー。『おんな城主 直虎』(NHK総合)、『義母と娘のブルース』(TBS系)の森下佳子が脚本を手がけた。

 家なし、金なし、仕事なし……。人生崖っぷちの若きシングルマザー・岩崎和佳(奈緒)は途方に暮れていた。「食べるためには何でもやる!」と思っていたけど……。ひょんなことから1人の漁師に出会い、「1万円で、俺たちの浜を立て直してくれ!」という思いがけないオファーを受け、和佳は荒くれ漁師たちのボスに。こうして、日本の隅っこで必死に生きる漁師たちの夢を一緒に背負うことになった和佳。ガンコな海の男たちとぶつかり合いながらも、ド素人ゆえの大胆さで、古い常識や慣習を次々と打ち破り、しがらみだらけの業界で、まさかの大革命を巻き起こす。

 実際に“奇跡の実話”が生まれた地の山口県萩市の離島・大島に奈緒が初訪問し、奈緒と坪内氏の対談が実現。

広告の後にも続きます

 実際に会ってみてのお互いの印象について、奈緒が「今日が初対面、というのが信じられないぐらいです。お会いする前からメールのやり取りをさせていただいていたので、会った瞬間、ほっとしました。やっとお会いできてとても嬉しいです」と語ると、坪内氏も「私も初めて会った感じがしないな、という感じです」とシンパシーを感じた様子。

 奈緒は「不思議と『こういう運命だったのかな』とすごく思っていて。自分がいつかなりたいと思っていたヒーローのような方が目の前にいて……。今回のドラマを通じて、坪内さんと出会って、このドラマが自分にとって『日テレドラマ初主演作』になったということにも、“運命”を感じています」と続けた。

 坪内氏をモデルにした主人公を演じることについて、奈緒は「プレッシャーもありますが、プレッシャーよりも、(坪内さんの存在に)すごく背中を押されたというか……。迷った時に、坪内さんが、私の脳内に出てきてくださるので、安心感の方が大きいです。坪内さんは、“1人”で何かをやるというよりも、“みんな”で同じ方向を向いて一緒に進んでいくということをすごく大切にされている印象があります。今回のドラマでも、出てくる方たちがみんな、主人公のように輝けるような作品にしていくことが、坪内さんが大切にされていることにも繋がるのかなと思っています。チームワークを大切にしながら演じたいです」とコメント。

 一方の坪内氏は、自身をモデルにした役を奈緒が演じることについて、「今回、奈緒さんに演じていただけることがとても嬉しいです。私自身も、すごく(奈緒さんに)背中を押してもらっていますし、勇気や元気をいただいています。私が大切にしたいと思ってきた価値観に共感して、理解してくださっているということも、本当に嬉しいなと思います。私が『そうありたいな』と思って大事にしてきたことを、すぐに理解してくださった奈緒さんだからこそ、素敵な役を演じてくださるんだろうなと思いますし、きっと面白いドラマになるんだろうな、とも思っています」と奈緒への信頼と期待を語った。

 最後に奈緒は、「ドラマを見て下さった方に、『お魚を食べたくなった』と思っていただけるような作品にしたいなと思っています。皆さんにお魚をもっと食べてもらって、漁師さんたちのことも後押しできるような、未来に希望を持てるドラマだなと思うので、そこを一番楽しみにしています」と期待を寄せ、坪内氏も「苦しい時代の中でも、このドラマを見ると、『頑張ろう』と明るい気持ちになっていただけると思っています。是非、ドラマを見ていただいて、明るく元気な気持ちになっていただけたら嬉しいです」と作品をアピールした。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル