top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ENDRECHERI=堂本剛、『THE FIRST TAKE』で「これだけの日を跨いで来たのだから」披露

Real Sound

これだけの日を跨いで来たのだから / THE FIRST TAKE

 ENDRECHERIが、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第248回に登場。「これだけの日を跨いで来たのだから」の歌唱映像を公開した。

(関連:ENDRECHERI『LOVE FADERS』はジャパニーズファンクの新たな到達点 ストリーミング配信を機に作品全容を振り返る

 ENDRECHERIは、堂本剛によるソロプロジェクト。シンガーソングライターデビュー曲「街」をリリースして20周年を迎え、新しい角度からENDRECHERIの音楽を、世界をも視野に入れた形で発信したいという想いから、今回の出演に踏み切ったという。 

 「これだけの日を跨いで来たのだから」は、2006年3月にENDLICHERI☆ENDLICHERIとしてリリースしたアルバム 『Coward』に収録された楽曲。約3年ぶりに出演した『SUMMER SONIC 2022』では、自身のステージラストを飾る曲として披露した楽曲であり、ENDRECHERI=堂本剛を代表するバラード。歌詞にも出てくる「悲惨な出来事なんて あるのが当たり前なのかな」という、 当たり前を当たり前と言えてしまう寂しさを唄った歌となっている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル