top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

南野拓実はサッカー日本代表で不完全燃焼。モナコで巻き返し誓う「ゴールは選手にとって一番の薬」

フットボールチャンネル

南野拓実はサッカー日本代表で不完全燃焼。モナコで巻き返し誓う「ゴールは選手にとって一番の薬」

【日本 0-0 エクアドル キリンチャレンジカップ2022】

 キリンチャレンジカップ2022が27日に行われ、サッカー日本代表はエクアドル代表と0-0で引き分けた。

 23日のアメリカ代表戦では4-2-3-1のトップ下として先発したMF鎌田大地が躍動し、ゴールでもチームの勝利に貢献した。

 以前、日本代表で4-2-3-1が採用されていた時期にトップ下で絶対的な地位を築いてゴールを量産していたMF南野拓実はアメリカ代表戦で出番なし。先発メンバー全員を入れ替えたエクアドル代表戦でトップ下に入ったが、鎌田ほど大きなインパクトを残すことはできなかった。

「1タッチ目でしっかり止めてから前を向こうという意識だったり、ボランチとの関係性、前向きな選手を早く見つけて(パスを)出したかったんですけど、その距離感もよくなかった。ああいうところ(中央の高い位置)でしっかり収めて自分で前を向いていく力は課題だなと感じました。あとはもっとシュートに関わっていきたいと思います」

広告の後にも続きます

 南野のシュート数はFW堂安律と並んでチーム最多タイだったが、それでも67分に交代するまででわずかに2本。相手のハイプレスに晒されて攻撃がやや停滞気味だったとはいえ、物足りない数字だ。

「たぶん相手に崩される時間の方が長かったと思う。その中でも少ないけどチャンスはあったので、そこで決めることが重要なのかなと。あとはどうやってもっと攻撃を組み立てるか、各々のいいところをどうしたらもっと出していけるのかを考えてプレーしていくことが課題の解決に、ちょっとはつながるんじゃないかなと思います」

 これまで逃し続けてきた夢の舞台、ワールドカップで主役となるには開幕までの残り1ヶ月半で自信を取り戻す必要がありそう。そのためにはまず所属するフランス1部のモナコでのプレーを安定させ、出場機会を増やしたい。

 今夏、リバプールからフランスリーグに参戦した南野は出番の確保に苦しんでいる。トップ下や右サイドなど、システムに応じて様々な役割をこなしているが周囲からの信頼を確かなものにしたとは言えない状況だ。

「モナコでもセカンドストライカーの位置とか2列目でプレーすることが多いので、そこで自分がもっと攻撃に何か与えられる選手になっていければ、日本代表にもっといいコンディションで来られると思う」

 南野のようなアタッカーが監督やチームメイトからの信頼をつかみ、自信を持って定位置を奪うのに必要なのは、やはりゴールに他ならない。日本代表合流直前のリーグ戦でモナコ加入後初ゴールを挙げており、新天地での日々もようやく軌道に乗りつつあるところ。「ゴールは選手にとって一番いい薬になる」とも実感している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル