top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

海外の高校を卒業!歓喜する王様に申し出た「お祝い」は…

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、田中由紀子氏の書籍『王様と母と私 モロッコ国王のマッサージ師となった母のシンデレラストーリー』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】母が「モロッコ国王のマッサージ師」となった娘…ラマダンの夜に思わず大声で叫んだワケ


私の記録【1992年6月】

なんだかんだ毎日忙しくしていたら、あっという間に高校を卒業する時期になっていました。

海外の学校は、日本の学校と違い卒業するのが大変で、授業態度、提出物、宿題、発言、プロジェクトへの参加、日々の小テスト、そして卒業テストの全てを精査されます。卒業テストは、徹夜で勉強して受けに行きました。人生で、モロッコでの2年半ほど勉強した日々はありません。私にとって、今までにない達成感があり、今でも私の自信と誇りになっています。

大学の進路は、母はアメリカの大学を目指すべきであると考え、私は日本の大学へ進学したいと考えていましたが、私が日本の大学に受かったので、結果として母が折れることになりました。

広告の後にも続きます

卒業式を終え、母と2人で王様に報告に行くと、日本人として初の卒業生だったという事もあり、とても喜んで下さいました。そして、「何かお祝いをしたいから、何が良いか考えなさい」と言われました。

母と2人で色々考えて、出した答えは、飛行機のファーストクラスに乗せてもらう事でした。

ダメ元という気持ちでお願いすると、王様は笑顔で、「分かった、いいよ!」とおっしゃって下さったので、とても驚きました。

私がモロッコでの2年半の生活を終えた時、母は休暇をもらいました。

私はこれが最後の王様へのご挨拶の時、航空券をプレゼントしていただきました。約束していただいた通り、それはファーストクラスのチケットでした。

最後に王様からお言葉をいただきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル