top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

杉野遥亮主演『直ちゃんは小学五年生』に岡山天音が再登場 新たにウエンツ瑛士も仲間入り

Real Sound

(左から)岡山天音、ウエンツ瑛士 ©︎「直ちゃんは小学五年生」製作委員会

 10月5日と12日の深夜にテレビ東京ほかで放送される杉野遥亮主演ドラマ『直ちゃんは小学五年生』に岡山天音とウエンツ瑛士が出演することが決定した。

参考:杉野遥亮『直ちゃんは小学三年生』続編放送へ 渡邊圭祐、前原滉、竹原ピストルも再集結

 2021年1月期にドラマ25枠で放送され、ギャラクシー賞テレビ部門奨励賞を受賞した『直ちゃんは小学三年生』。大人の俳優が小学生役を、真剣にリアルに演じ、視聴者はかつての自分と重ね合わせたり、小学生あるあるネタを楽しんだりする一方で、社会性のあるテーマを盛り込んだ内容がSNSを中心に大きな反響を呼んだ。シリーズ化を求める声が多く集まっていたが、続編『直ちゃんは小学五年生』として実現。杉野演じる直ちゃん、渡邊圭祐演じるきんべ、前原滉演じるてつちん、竹原ピストル演じる山ちょが再集結し、 彼らの2年後の夏休みが描かれる。

 新たに出演が発表された岡山が演じるのは、前作でてつちん(前原滉)と一緒に福島に引っ越した兄はずちん。小学校では“はずれ者”として扱われていたはずちんは中学生に。成長して、はずちんらしく、ヒートアップした姿に注目だ。一方、ウエンツは、今作からの新たな登場人物・おなけんを演じる。おなけんは隣町の私立校に通う、遊びよりも勉強ばかりしている小学生。同じ学年でも、まったく違う世界、感性、考え方のおなけんと、直ちゃんたちとの心の交流が描かれる。 

【コメント】
●岡山天音(はずちん役)
前作では小5だったはずちん。
今作では2年後の中1。
少し大人になったはずちんを演じさせていただきました。
撮影中、カットが掛かる度「俺、何してるんだろう…?」の気持ちになりました。
やっぱりはずちんははずちんでした。
また演じられて嬉しかったです。恥ずかしかったけど。

広告の後にも続きます

●ウエンツ瑛士(おなけん役)
小学生は立場を考えての発言、忖度、変な空気の読み方をしません。
仮に相手を傷つけても本音を話して、必要であれば本気で謝る。これは大人になって出来なくなったとても大事な事なんじゃないか?と演じていて思いました。
実は今年2回目の小学生役、神様が大事な物を思い出せと言ってるような。
是非皆様も一緒に探してもらえたら嬉しいです。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル