top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

8LOOMが語り合う、同世代メンバーから受ける刺激 「みんながオールラウンダー」

Real Sound

左上から)NOA、八村倫太郎、森愁斗、山下幸輝 左下から)宮世琉弥、高橋文哉、綱啓永(撮影:池村隆司)

 本田翼主演の10月期TBS系火曜ドラマ『君の花になる』で、ボーイズグループの8LOOMを結成した高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人。普段は俳優からアーティスト、ダンスボーカルグループに所属するなど、様々な分野で活動している7人が、期間限定でボーイズグループとしてデビューを果たす。今回、7人のメンバーに役作りのためのダンスレッスン、レコーディングへの挑戦など準備期間の過ごし方やメンバーに伝えたいことを聞いた。

【写真・インタビュー】『君の花になる』8LOOM特集

■みんながオールラウンダー

――ボーイズグループとして実際にデビューするということで、ダンス未経験の高橋さん、綱さんは、オーディションを受けるだけでもすごいことだなと感じました。

高橋文哉(以下、高橋):そこはもう、やらせていただけるなら全力で向き合いたいという気持ちですね。

広告の後にも続きます

綱啓永(以下、綱):そうですね。精一杯がんばります! と。

――とはいえ、プレッシャーもありますよね?

綱:プレッシャーはあります。みんなが上手な分、そこに追いつかなきゃいけないので。僕らの頑張り次第で全体のパフォーマンスの質が変わると思うので、僕と文哉で底上げしていかないと、という思いもありますね。

高橋:僕ももちろんプレッシャーはあるんですけど、佐神弾というグループのリーダーを演じさせていただく上で、役の説得力をダンスや歌で失うのが一番嫌で。リーダーとしての立場を確立するために努力していますし、それは役者として大事なアプローチの仕方だと思っています。

――ダンスレッスンにも、役者として臨んでいる?

高橋:今は、そんなことを考えている余裕がないです(笑)。でも、「すべては役のために」という意識はあるかもしれないですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル