top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岸井ゆきの主演映画『ケイコ 目を澄ませて』場面写真公開 濱口竜介らの絶賛コメントも

Real Sound

©2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINEMAS

 12月16日に公開される三宅唱監督最新作『ケイコ 目を澄ませて』の場面写真が公開された。

参考:三宅唱×岸井ゆきの『ケイコ 目を澄ませて』公開日が12月16日に決定 予告&ポスターも

 本作は、2013年までに4戦を戦った耳が聞こえない元プロボクサー・小笠原恵子の自伝『負けないで!』を原案とした人間ドラマ。岸井ゆきの演じる両耳が聞こえないプロボクサー・ケイコと、三浦友和演じる視力を失いつつある会長の交流を描く。岸井、三浦のほか、仙道敦子、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、渡辺真起子、中村優子、中島ひろ子らがキャストに名を連ねている。

 公開されたのは、ケイコと彼女のまわりに生きる登場人物たちの日常を切り取った場面写真。河川敷でのロードワークやシャドーなど、会長と二人三脚で練習に励む様子が捉えられている。また、友人たちとカフェで楽しそうに会話する姿、同居する弟とのやりとりなど、ケイコの日常を切り取った何気ないシーンも。

 また、10月24日から開催される第35回東京国際映画祭など各国の映画祭での上映も決定。さらに、濱口竜介監督、𠮷田恵輔監督をはじめ、映画祭ディレクター、映画評論家らからの絶賛コメントも到着した。

広告の後にも続きます

コメント
■濱口竜介(映画監督)
光と闇と運動を求める三宅唱の歩みは留まるところを知らず、この国ではもはや他の追随を許していない(が、何とかついていきたい)。
『ケイコ 目を澄ませて』は流れる時間を柔らかにフィルムへと定着させた傑作だ。
岸井ゆきのの瞳の輝きと、手と腕の動きとともに渦を巻くような粒子の蠢きを存分に感じるには大画面で見る以外の選択肢はない。

■𠮷田恵輔(映画監督)
岸井ゆきのは、間違いなく天才! ボクシングは練習の積み重ね。 地味な努力を継続する才能が必要。 岸井さんが、ケイコさんが積み重ねた、その日々に泣いた。 静かな世界が、こんなに熱く、美しいなんて。 間違いなく傑作!

■市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)
1作ごとに驚異的な進化をとげる三宅唱の現時点での最高傑作。いろいろと素晴らしい点は多いが、特に日記の使い方に感動した。

■坂本安美(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)
ケイコの一挙手一投足、その表情から目が離せない。
そして彼女には聞こえないはずの音が彼女を通してこんなにも強く響い てくる。
ひとつの動きがもうひとつの動きを導く、リズムを踏んで、まるでフレッド・アステが導くダンスのように。
あなたの呼吸、あなたの動きにこの闇の中、この光の中で目を澄ましていきたい。

■佐久間宣行(テレビプロデューサー)
素晴らしかった。あっという間の99分。
岸井ゆきのの強さと熱さと怒りと悲しさに、一瞬も目が離せない。
小さな小さな映画なのに、とんでもないパンチを胸に打ち込んでくる。
しっかり痛いし、その痛みはきっと誰かの人生を変えるだろう。
こういうのを代表作っていうんだろうな。

■相田冬二(Bleu et Rose/映画批評家)
岸井ゆきのは、拳だ。
彼女の貌からは、拳の音が聴こえる。
このフィルムは、蕾だ。
握った拳に、花を咲かせる蕾。
拳と蕾のメロウな接近遭遇に、鼓動が鳴りやまない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル