top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前田大然はW杯の「26人から外している」 闘莉王はなぜ米国戦のプレーを酷評したのか

J-CASTニュース

サッカーの元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏(41)が2022年9月26日にユーチューブチャンネルを更新し、23日に行われた国際親善試合の日本対米国戦を解説しながら、11月に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会のメンバーに関して私見を述べた。

「これは最後のテストなんじゃないかなと」

試合は前半25分にMF鎌田大地(26)がMF守田英正(27)からのパスを右足で合わせて先制ゴールを決めた。試合終了間際の後半43分には途中出場のMF三笘薫(25)がペナルティエリア左から右足を振りぬき、ゴールネットを揺らして2-0で快勝した。

闘莉王氏は米国戦の選手起用を見てW杯メンバーを選出する上で最後のテストマッチだったのではないかと推測し、すでにメンバー26人のうち22人が決まっているのではないかと指摘した。

闘莉王氏は「第3のゴールキーパーとあと3人誰を連れていくかだけがもしかしたら決まっていないかもしれない。という事を考えると最後のテストなんじゃないかなと。町野(修斗)選手の入れ方もそうですし、鎌田(大地)選手の位置、久保(建英)選手の左。それに冨安(健洋)の右。今まで不動だった冨安、(吉田)麻也を崩してもう一人左に入れて。これは最後のテストなんじゃないかなと」との見解を示し、1トップを務めたFW前田大然(24)に言及した。

今回のドイツ遠征ではFW大迫勇也(32)がコンディション不良のため招集外となり、米国戦では前田がトップでスタメン出場した。前田は前線からプレスをかけ精力的な動きを見せたがゴールを決めることが出来ず前半でベンチに下がった。後半からは前田に代わってFW町野修斗(22)がピッチに立った。

前田は「シュートも打ててないしキープもしていない」

広告の後にも続きます

スタッフから「前田の1トップはどうだった?」と質問されると、闘莉王氏は「正直、前田は26人から外している」と厳しい評価を与えW杯メンバーについて次のように持論を展開した。

「もしかして今日出番がなかった古橋(亨梧)と上田(綺世)はもう(W杯に)行くんじゃないかと考えています。久保と堂安、この2人のうち1人が落ちてしまうんじゃないかとの考えもあります。次は谷(晃生)選手をテストさせるんじゃないか。川島(永嗣)をテストさせるんじゃないかという試合になるかもしれない。今日一番大事なのは(前田)大然と町野選手のテストだと。やっぱり大然はないなと改めて思いました」

そしてスタッフから米国戦でアピールできなかった選手、評価を下げた選手について問われると、闘莉王氏は「やっぱり(前田)大然ですね」と即答し、「あれだけボールが前に集まっているにもかかわらずシュート打ててなかったかな。シュートも打ててないしキープもしていない。名前も呼ばれてないし、大然出てるか分からなかったです」と振り返った。

このような闘莉王氏の前田への評価に対して動画のコメント欄には「前田選手のプレスでアメリカを焦らせ前線からの守備、スピードも相変わらず素晴らしいですが 決定力がまだ欠けてることを考慮するとスペイン、ドイツには通用しないと思いますね」といった声がある一方、「前田はプレスで貢献したからメンバーには入ると思う」「前田選手は前線からのプレスはもちろん、一瞬のスピードを活かして、うまくポストプレーもしてましたし、私としては良い印象でした」「前田は合格って感じの交代に見えたけどなあ」などと評価する声も寄せられた。

TOPICS

ジャンル