top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鼻の下が赤くなる原因は?まちがったセルフケアは悪化を招く【医師が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

鼻の下や小鼻周りの赤みが治らず、悩んでいる方はいませんか? 自力で対処しているけれども治らない、悪化してしまった…という場合は、間違ったセルフケアをしてしまっているのかもしれません。巣鴨千石皮ふ科院長・小西真絢医師が、鼻の下が赤くなる原因や、悪化につながる要因、治し方について解説します。

「鼻の下の赤み」が治らない…

肌のお悩みで、鼻の下や小鼻の周りの赤みが気になるというご相談を受けることが多くあります。メイクで隠そうとしたり、しっかり洗顔して治そうとしたりしても、なかなかもとの赤みを解消できないという方は少なくないのではないでしょうか。

今回は、なぜ鼻の下が赤くなるのか、鼻の下の赤みを悪化させる要因は何かを解説いたします。また、治療や予防法についてもご説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ鼻の下が赤くなるの?

鼻の下に赤みが生じる原因には、皮膚や内臓に疾患がある場合や、体質、外部の刺激によるものなどさまざまなものが考えられます。最近ではマスクによる増悪(ぞうあく)がよく見られます。

原因によっては早めに医療機関を受診したほうが良い場合もあります。まずは鼻の下の赤みの原因が何なのかを考えてみましょう。

■外部刺激による皮膚炎

広告の後にも続きます

摩擦や紫外線など、肌の刺激になるものが原因となって鼻の下に赤みが生じます。

肌に合わないメイクやスキンケアアイテムを使っていたり、メイクをクレンジングでしっかり落とせておらず肌に残っていたりすると、それらが皮膚や毛穴にダメージを与えて炎症を引き起こすことがあります。洗顔やメイクのときに肌を叩いたりゴシゴシこすったりすることも赤みにつながります。

また、鼻の周辺は皮脂の分泌量が非常に多く、紫外線対策のため日焼け止めを塗っていても時間が経つにつれて落ちてきてしまい、紫外線を浴びてしまっている可能性があります。このほか、花粉症や鼻炎のためよく鼻をかむという人は、摩擦が直接原因となって肌を傷つけて炎症を招いています。

■脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

脂漏性皮膚炎は、鼻の周辺やTゾーン(おでこ、眉間、鼻のエリア)、頭皮、耳のまわりなどが赤くなってかさつく症状が出ます。脂漏性皮膚炎の原因はまだ明確に定まっていませんが、皮脂が過剰分泌しやすい状態や体質になっていることが考えられます。

ストレス、睡眠不足、偏った食事、脂っこい食事、ビタミンB不足、ホルモンバランスの乱れなどは皮脂の過剰分泌を招きやすく、脂漏性皮膚炎を悪化させます。

また、皮脂を好む皮膚の常在菌、マラセチアが異常繁殖することでも悪化する場合があります。

■酒さ(赤ら顔)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル