top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

9月から増える「ダニアレルギー」…原因と2つの治療法【医師が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

暑さのピークも越え、これからは日々秋めいてくる季節になってきました。この時期に気をつけなければいけないのが「ダニアレルギー症状の悪化」だと、京都きづ川クリニック小児科医の米田真紀子氏はいいます。今回は、ダニアレルギーになる原因と代表的な症状、それらに対する2つの治療方法についてみていきます。

ダニアレルギーは「通年性アレルギー」

アレルギーはその出現時期によって季節性と通年性に分けられます。

季節性アレルギーはいわゆる花粉症と同義ですが、通年性アレルギーとは、主にハウスダストに含まれるダニアレルゲンやカビ、ペットの毛やフケに反応して、季節を問わず1年中、鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどのアレルギー症状が出る状態のことです。

ただし、通年性とはいえ、症状は時期により変動があることも多く、9月から12月ごろにかけては通年性アレルギーの症状が悪化しやすい時期になります。

ダニアレルギーになる原因と代表的な症状

広告の後にも続きます

通年性アレルギーの原因になるのは、主にヒョウヒダニと呼ばれる種類のダニで、コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニといわれる2種が、ダニアレルギーの原因の9割を占めます。ヒョウヒダニは、人の垢やフケなどを含む家のホコリを餌とし、カーペットや布団などの布製品に住みつきます。

日本の屋内環境がよいため年中生息しますが、高温多湿を好み、特に梅雨時から夏にかけて繁殖します。

ダニの体そのものというより、その死骸や糞などが細かく砕かれてアレルゲンとなります。夏に繁殖したダニの寿命は約2~3ヵ月なので、秋にかけて大量のダニの死骸がハウスダストとなり、発症しやすくなります。

このダニアレルゲンが鼻の粘膜に付くと、鼻水や鼻閉といった鼻炎症状を起こし、目の粘膜に付くと、目のかゆみや充血といった結膜炎症状を起こし、吸いこめば気道で炎症を起こし、喘息症状が出ることもあります。

幼少時から皮膚が弱かったり、喘息があったりするとより低年齢で症状が出やすくなりますし、逆に低年齢からこうしたダニアレルギー症状があれば、後に喘息などのアレルギー疾患を発症しやすくなることも知られています。

ダニアレルギーを疑うのは、年中鼻がグズグズしているけれど特に秋口に悪化する、埃っぽいところで咳や目のかゆみ、鼻水などの症状がきつくなるというケースです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ダニアレルギーは「通年性アレルギー」

アレルギーはその出現時期によって季節性と通年性に分けられます。

季節性アレルギーはいわゆる花粉症と同義ですが、通年性アレルギーとは、主にハウスダストに含まれるダニアレルゲンやカビ、ペットの毛やフケに反応して、季節を問わず1年中、鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどのアレルギー症状が出る状態のことです。

ただし、通年性とはいえ、症状は時期により変動があることも多く、9月から12月ごろにかけては通年性アレルギーの症状が悪化しやすい時期になります。

ダニアレルギーになる原因と代表的な症状

通年性アレルギーの原因になるのは、主にヒョウヒダニと呼ばれる種類のダニで、コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニといわれる2種が、ダニアレルギーの原因の9割を占めます。ヒョウヒダニは、人の垢やフケなどを含む家のホコリを餌とし、カーペットや布団などの布製品に住みつきます。

日本の屋内環境がよいため年中生息しますが、高温多湿を好み、特に梅雨時から夏にかけて繁殖します。

ダニの体そのものというより、その死骸や糞などが細かく砕かれてアレルゲンとなります。夏に繁殖したダニの寿命は約2~3ヵ月なので、秋にかけて大量のダニの死骸がハウスダストとなり、発症しやすくなります。

このダニアレルゲンが鼻の粘膜に付くと、鼻水や鼻閉といった鼻炎症状を起こし、目の粘膜に付くと、目のかゆみや充血といった結膜炎症状を起こし、吸いこめば気道で炎症を起こし、喘息症状が出ることもあります。

幼少時から皮膚が弱かったり、喘息があったりするとより低年齢で症状が出やすくなりますし、逆に低年齢からこうしたダニアレルギー症状があれば、後に喘息などのアレルギー疾患を発症しやすくなることも知られています。

ダニアレルギーを疑うのは、年中鼻がグズグズしているけれど特に秋口に悪化する、埃っぽいところで咳や目のかゆみ、鼻水などの症状がきつくなるというケースです。

診断は、多くはこうした症状や状況から判断できますが、次に紹介するような特別な治療を受ける場合には、血液検査が必要になる場合があります。

ダニアレルギーを治療する2つの方法

基本的治療

ダニアレルギーの治療は、かゆみ全般に対しては抗ヒスタミン薬の内服と、それに加えて局所の炎症を抑える治療を行います。

鼻炎に対しては、ロイコトリエン拮抗薬の内服やステロイドの点鼻、結膜炎に対しては、抗ヒスタミン薬の点眼、炎症がひどい場合にはステロイドの点眼を行うこともあります。

喘息に対しては、ロイコトリエン拮抗薬の内服に加えて、吸入ステロイドや気管支拡張薬を使います。しかし、こうした局所治療には限界があり、症状が改善しきらない場合もあります。

アレルギー症状の改善にはアレルゲンの除去が基本なので、家のなかでもダニが増えにくい環境を作ることも大事です(過去記事参照:家庭でできるダニアレルギー対策)。

アレルゲン免疫療法

前述の内服や局所治療、環境調整ではなかなか症状が改善しない人もたくさんいます。そういった場合には、アレルゲン免疫療法という治療法があります。

アレルギー症状は、アレルゲンを多量に体内に取り込むことで起こりますが、あまりに多くのアレルゲンが体に入った場合、一時的に体がアレルゲンに反応しない状態を作り出すことができます。

この状態を一定期間継続することによって、長期的にアレルゲンに反応しにくい体質を作りだすのがアレルゲン免疫療法です。

アレルゲン免疫療法にはいくつかの方法があります。たとえば、痛みや副作用のリスクを軽減した舌下免疫療法という方法があり、これは最近になって保険適応となりました。だいたい5歳以上であれば投与可能です。

具体的な投与方法は、前述の2種類のダニのエキスを混合した錠剤を舌の下に置き、そのまま「1~2分間」保持したあと飲みこむというものです。唾液により錠剤は勝手に溶けだし、舌下に存在するアレルギーを抑制する働きを持つ免疫細胞に作用します。

薬が薄まらないように約5分間は飲んだり食べたりするのを控える必要がありますが、治療はたったそれだけです。

慣れれば、子どもが1人で行うことができ、治療効果はだいたい2~3ヵ月くらいから実感できるようになりますが、より長く効果を維持するために、最低でも3年から5年の内服を続ける必要があります。

この治療の唯一の副作用は、アレルギー反応が出る可能性があるということです。

もともとアレルギーがあることがわかっている成分を、大量に摂取する必要があるので、投与直後に口のなかがかゆくなったり腫れたりする可能性があり、ひどい場合にはアナフィラキシーの危険性もあるため、初回はかならず病院で投与する必要があります。

許容できる範囲の副作用であれば、1週間程度で徐々に軽くなっていくので、そのまま頑張って続けます。

アレルゲン免疫療法は、現時点では唯一といっていい、体質改善を促す治療です。また、まだまだアレルギー症状が進行しうる小児期においては、その進行を止める作用やもともとある喘息などのアレルギー疾患を改善する効果も期待されています。

適応があれば8割の患者さんで治療効果が実感できるので、気になる人はかかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

米田 真紀子

小児科医

医療法人 啓信会きづ川クリニック

" ["post_title"]=> string(95) "9月から増える「ダニアレルギー」…原因と2つの治療法【医師が解説】" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(191) "9%e6%9c%88%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a2%97%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%83%80%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%80%8d%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a82%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%b2%bb" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-10-23 08:58:48" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-10-22 23:58:48" ["post_content_filtered"]=> string(7658) "

暑さのピークも越え、これからは日々秋めいてくる季節になってきました。この時期に気をつけなければいけないのが「ダニアレルギー症状の悪化」だと、京都きづ川クリニック小児科医の米田真紀子氏はいいます。今回は、ダニアレルギーになる原因と代表的な症状、それらに対する2つの治療方法についてみていきます。

ダニアレルギーは「通年性アレルギー」

アレルギーはその出現時期によって季節性と通年性に分けられます。

季節性アレルギーはいわゆる花粉症と同義ですが、通年性アレルギーとは、主にハウスダストに含まれるダニアレルゲンやカビ、ペットの毛やフケに反応して、季節を問わず1年中、鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどのアレルギー症状が出る状態のことです。

ただし、通年性とはいえ、症状は時期により変動があることも多く、9月から12月ごろにかけては通年性アレルギーの症状が悪化しやすい時期になります。

ダニアレルギーになる原因と代表的な症状

通年性アレルギーの原因になるのは、主にヒョウヒダニと呼ばれる種類のダニで、コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニといわれる2種が、ダニアレルギーの原因の9割を占めます。ヒョウヒダニは、人の垢やフケなどを含む家のホコリを餌とし、カーペットや布団などの布製品に住みつきます。

日本の屋内環境がよいため年中生息しますが、高温多湿を好み、特に梅雨時から夏にかけて繁殖します。

ダニの体そのものというより、その死骸や糞などが細かく砕かれてアレルゲンとなります。夏に繁殖したダニの寿命は約2~3ヵ月なので、秋にかけて大量のダニの死骸がハウスダストとなり、発症しやすくなります。

このダニアレルゲンが鼻の粘膜に付くと、鼻水や鼻閉といった鼻炎症状を起こし、目の粘膜に付くと、目のかゆみや充血といった結膜炎症状を起こし、吸いこめば気道で炎症を起こし、喘息症状が出ることもあります。

幼少時から皮膚が弱かったり、喘息があったりするとより低年齢で症状が出やすくなりますし、逆に低年齢からこうしたダニアレルギー症状があれば、後に喘息などのアレルギー疾患を発症しやすくなることも知られています。

ダニアレルギーを疑うのは、年中鼻がグズグズしているけれど特に秋口に悪化する、埃っぽいところで咳や目のかゆみ、鼻水などの症状がきつくなるというケースです。

診断は、多くはこうした症状や状況から判断できますが、次に紹介するような特別な治療を受ける場合には、血液検査が必要になる場合があります。

ダニアレルギーを治療する2つの方法

基本的治療

ダニアレルギーの治療は、かゆみ全般に対しては抗ヒスタミン薬の内服と、それに加えて局所の炎症を抑える治療を行います。

鼻炎に対しては、ロイコトリエン拮抗薬の内服やステロイドの点鼻、結膜炎に対しては、抗ヒスタミン薬の点眼、炎症がひどい場合にはステロイドの点眼を行うこともあります。

喘息に対しては、ロイコトリエン拮抗薬の内服に加えて、吸入ステロイドや気管支拡張薬を使います。しかし、こうした局所治療には限界があり、症状が改善しきらない場合もあります。

アレルギー症状の改善にはアレルゲンの除去が基本なので、家のなかでもダニが増えにくい環境を作ることも大事です(過去記事参照:家庭でできるダニアレルギー対策)。

アレルゲン免疫療法

前述の内服や局所治療、環境調整ではなかなか症状が改善しない人もたくさんいます。そういった場合には、アレルゲン免疫療法という治療法があります。

アレルギー症状は、アレルゲンを多量に体内に取り込むことで起こりますが、あまりに多くのアレルゲンが体に入った場合、一時的に体がアレルゲンに反応しない状態を作り出すことができます。

この状態を一定期間継続することによって、長期的にアレルゲンに反応しにくい体質を作りだすのがアレルゲン免疫療法です。

アレルゲン免疫療法にはいくつかの方法があります。たとえば、痛みや副作用のリスクを軽減した舌下免疫療法という方法があり、これは最近になって保険適応となりました。だいたい5歳以上であれば投与可能です。

具体的な投与方法は、前述の2種類のダニのエキスを混合した錠剤を舌の下に置き、そのまま「1~2分間」保持したあと飲みこむというものです。唾液により錠剤は勝手に溶けだし、舌下に存在するアレルギーを抑制する働きを持つ免疫細胞に作用します。

薬が薄まらないように約5分間は飲んだり食べたりするのを控える必要がありますが、治療はたったそれだけです。

慣れれば、子どもが1人で行うことができ、治療効果はだいたい2~3ヵ月くらいから実感できるようになりますが、より長く効果を維持するために、最低でも3年から5年の内服を続ける必要があります。

この治療の唯一の副作用は、アレルギー反応が出る可能性があるということです。

もともとアレルギーがあることがわかっている成分を、大量に摂取する必要があるので、投与直後に口のなかがかゆくなったり腫れたりする可能性があり、ひどい場合にはアナフィラキシーの危険性もあるため、初回はかならず病院で投与する必要があります。

許容できる範囲の副作用であれば、1週間程度で徐々に軽くなっていくので、そのまま頑張って続けます。

アレルゲン免疫療法は、現時点では唯一といっていい、体質改善を促す治療です。また、まだまだアレルギー症状が進行しうる小児期においては、その進行を止める作用やもともとある喘息などのアレルギー疾患を改善する効果も期待されています。

適応があれば8割の患者さんで治療効果が実感できるので、気になる人はかかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

米田 真紀子

小児科医

医療法人 啓信会きづ川クリニック

" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(40) "https://gentosha-go.com/articles/-/45554" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" ["cp"]=> object(WP_Term)#7451 (12) { ["term_id"]=> int(9060) ["name"]=> string(36) "幻冬舎ゴールドオンライン" ["slug"]=> string(11) "gentosha-go" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9042) ["taxonomy"]=> string(6) "series" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(450) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["url"]=> string(24) "https://gentosha-go.com/" } ["shortcode_img"]=> int(1) } -->

ジャンル