top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

定年直前、会社員の夫急逝…「ねんきん定期便」を鵜呑みにしていた妻、遺族年金支給額に愕然【CFPが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

毎年誕生月に、日本年金機構から届く「ねんきん定期便」。夫逝去後の遺族年金の支給額は、ねんきん定期便に記載のとおりと思い込んでいたAさんの事例とともに、サンモールFP事務所代表の辰田光司氏が解説します。

55歳専業主婦、定年直前の会社員夫が逝去…

「えっ少ない! 間違ってない?」大声で驚く中年の女性。

「いえ、間違いではございません」冷静な声で返答する男性の職員。その後、しばらくの沈黙が…。

Aさん(55歳、専業主婦)は、ご主人(55歳、会社員)を心筋梗塞で亡くし、この日は遺族年金の手続きを相談するため、年金事務所を訪ねていました。Aさんには一人娘(20歳、大学生)がおり、3人暮らしでした。Aさんは、以前はパート勤めをしていましたが、持病の腰痛が悪化して3年前に退職していました。ご主人の退職金や死亡保険金が支給されるとはいえ、娘の教育費や住宅ローンの残債、そして、これから長い老後生活が待っています。

「これから生活していけるのかしら…」職員の説明は上の空。年金事務所を出たあと、Aさんは大きなため息をつきました…。

遺族年金支給額、「ねんきん定期便」に書いてある?

広告の後にも続きます

公的年金の被保険者(または被保険者であった人)が亡くなった場合、その遺族に「遺族年金」が支給されることは、ご存じの方も多いでしょう。それでは、遺族年金が「いくら」支給されるか、ご存じですか? 私もファイナンシャル・プランナーとして、さまざまな家計相談をお受けしておりますが、その肌感覚としては、大多数の方がご存じないように思います。

支給額が思ったより多かった場合は良いのですが、Aさんのように、支給額を知って愕然とされる場合がやはり大半です。

「ねんきん定期便」記載の額を鵜呑みにすると…

毎年誕生月に、日本年金機構から届く「ねんきん定期便」。この「ねんきん定期便」によって老後が「みえる化」されたことはとてもよいことです。しかし、来所されたお客様に「ご主人に万一のことがあった場合に、遺族年金がどれくらいもらえるか、ご存じですか?」とお聞きすると、次のようなお答えが返ってくることがあります。

「知っていますよ。「ねんきん定期便」を見ていますから」

さて、Aさんのご主人に最近届いた「ねんきん定期便」には、次のように書かれていました。

【老齢年金の種類と見込額(年額)】

  • 1
  • 2