top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「うつ病」の著者が財布を失くしたら…まさかの“仰天行動”!?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、しめさん氏の書籍『うつ病バンザイ!うつ病・双極性障害の僕の話』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

卒業ツーリングその2

おはようございます。しめさんです。

次の日、富士五湖に向かって単車を走らせた。

山中湖に着いたが、この日も宿を探さなければならなかった。ある宿を見つけた、なんか見覚えのある宿だった。そうだ、ここは剣道の合宿で泊まった事のある宿だ。縁って不思議なものだな。

旅行も最終日、帰路についた。雨が降ってきた、寒い。

広告の後にも続きます

バイク乗りに雨は辛い、まだ3月だったので寒かった。

バイクの運転を友達に代わってもらい、GTの車に乗った。暖かかった。

雨も上がり、僕はまた自分の愛車にまたがった。そのまま東京に着き、みんな別れ、卒業旅行は終了を迎えた。

今でもはっきり覚えている。最高の思い出ができた。

ちょっと疲れました。

今日はこれくらいで、うつ病にかかっている人は絶対無理をしないでくださいね。また明日、さようなら……と思ったのですが、今日は調子がいいので、もう少しだけ書こうと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル