top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白鳥翔、渋谷ABEMASで過ごすシーズンは「バンドメンバーの全国ツアー」全てを共有する運命共同体/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)は、チームの4人で過ごすMリーグのシーズンについて「バンドメンバーの全国ツアー」という表現をした。苦楽を共にし、過ごす時間も長い。それぞれの役割を持ち、その全てがうまくハマった時には、まさにバンドの楽曲のようにファンを感動、興奮させる。リーダー多井隆晴(RMU)からの信頼も厚い白鳥が、5年目のシーズンでより力強く羽ばたく。

【動画】プロ麻雀リーグ「Mリーグ」昨期の戦いぶり

-今までのシーズン前と比べて、心境に変化はありますか。

 いい意味で落ち着いていますね。「始まるんだな」というワクワク感は1年目と変わらないですが、これまでは恐怖が混じっていた気がするんですけど、今年はそれがなくて楽になってきました。

-それは昨シーズンの結果から来るものですか、オフの過ごし方からですか。

広告の後にも続きます

 昨シーズンの結果ですね。優勝できなかったんですが、一番満足いく麻雀が打てたので、次につながっていくはずです。チームとしても一番まとまっていて、全員がちゃんと他の選手に気を使えるチームとして、1段階か2段階上に行けたんじゃないかと思っています。麻雀は自分の行く先が見えたというか、このまま精度を上げていきたいです。抜け(ミス)が減ったし、読みが合ってきた。基本的な部分だけじゃなくて自分の読みに心中して麻雀が打てるようになってきました。

-多井隆晴さんから教わっていることは、うまく取り込めていますか。

 自分の長所は、1回全部を聞けることだと思っています。身近で結果を出してくれているのも嬉しいし、信頼があるのもわかっています。多井さんはすべて本当のことを言うわけではないんですよね。「これもあるよね」というような話し方をしていて、こっちが自分で考えることを提示してくれる。自分の中で考えることが一番大事。人から教わったことを「そうなんですね」と聞くだけじゃなく、常に思考していることですね。

-シーズン中は、メンバーたちとどのような思いで過ごしているんですか。

 バンドメンバーと全国ツアーに行ってるような感じですかね(笑)。チームメイトのことは知っていたいし、好きでいたい。2年目とかは自分と合わないところは「まあいいか」という感じで接して行こうと思ったけど、それがうまくできなかったです。今はそれができていて、僕もそうですけどいいところも悪いところもみんなあって、それも含めて相手を好きになれて、それが強さにもつながっていました。誰が欠けても嫌です。ファイナルにずっと残ってさえいれば、一緒のチームでいられるじゃないですか。だから必死になってやります。

-今期、新しい選手が3人入ってきて、年齢も近いです。それぞれの印象や試合で当たった時はこうしようという考えはありますか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル