top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【シリウスS展望】混戦模様のハンデ戦、好走傾向に合うあの馬に期待したい

netkeiba.com

【シリウスS展望】混戦模様のハンデ戦、好走傾向に合うあの馬に期待したい

 近い日程で地方交流の日本テレビ盃と白山大賞典があるためメンバーは分散する。それによって地力の拮抗したメンバー構成になりがちで、ハンデ戦ということも相まって中々人気通りには決まらない。

1.ベテランは苦戦傾向

 過去10回で、3歳馬は[3-1-0-7]で連対率36.4%、4歳馬は[3-0-4-17]で連対率12.5%、5歳馬は[3-4-2-33]で連対率16.7%、6歳馬は[1-2-4-27]で連対率8.8%、7歳以上馬は[0-3-0-33]で連対率8.3%。ダートはベテランが息の長い活躍をすることもしばしばだが、このレースに関しては5歳以下が勝ち切ってくるケースが多い。

2.距離延長組が中心

 コース改修以降に行われた中京ダート1900mのオープン6鞍の成績を、前走距離別で見てみると、前走からの距離延長となる馬が[5-6-5-55]なのに対し、距離短縮となる馬は[1-0-1-20]。

3.後半の脚を使えるか

 コース改修以降に行われた中京ダート1900mのオープン戦6レースの勝ち馬6頭は、いずれも上がり3位以内の末脚を発揮しての勝利だった。中京は3〜4コーナーが下り坂で直線入り口から上り坂というレイアウトなので、3〜4コーナーから流れに乗って長く脚を使えるか、というのが好走のポイントになる。

 ジュンライトボルトは2走前からのダート替わりが功を奏し、ジュライSで2着、BSN賞で1着とリステッドで連続連対中。前走の勝ちっぷりからしてさらなる距離延長は問題なさそうで、重賞でも期待は十分。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル