top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『スターフォックスアドベンチャー』発売20周年 シリーズでも異色の“恐竜アドベンチャー”を振り返る

Real Sound

『スターフォックスアドベンチャー』

 ゲームキューブ用アクションアドベンチャーゲーム『スターフォックスアドベンチャー』は、2022年9月27日に発売20周年を迎える。本作は、『スターフォックス』の名を冠していながら『ゼルダの伝説』のような謎解き要素が強いアクションゲームであり、シリーズでも異色の作品となっている。今回は、20周年を記念して『スターフォックスアドベンチャー』がどんな作品だったのか振り返ってみよう。

【画像で見る】まるで『ゼルダ』のようだと話題になった『スターフォックスアドベンチャー』

〈『スターフォックス』でありながら謎解きや近接戦闘をメインに据えた異色のタイトル〉

 『スターフォックスアドベンチャー』は、2002年9月27日に任天堂から発売されたゲームキューブ用アクションアドベンチャーゲームである。開発は『スーパードンキーコング』や『バンジョーとカズーイの大冒険』など数々のヒット作を手掛けたレア社が担当した。しかし、本作のリリース後に任天堂とレア社の提携が切られてしまっているため、奇しくも『スターフォックスアドベンチャー』は任天堂・レア社タッグからリリースされた最後のタイトルとなっている。

 また、本作は『スターフォックス』シリーズの一つではあるものの、その内容はシリーズ中でもかなり特異なものとなっている。

広告の後にも続きます

 まず、本作の舞台となるのは、恐竜たちが棲み、古代の宮殿などの建造物が残るダイナソープラネットだ。この原始的な惑星の調査を命じられたフォックスは、そこで見つけた「クリスタルスタッフ」という杖を手に、各地で起きている異変について調査を始める。ダイナソープラネットには古代の宮殿をはじめとしたさまざまな謎解き要素が散りばめられており、クリスタルスタッフを駆使して謎を解いたり、恐竜たちと戦ったりというゲームデザインが特徴だ。

 しかしながら、そもそも『スターフォックス』シリーズは「アーウィン」をはじめとする戦闘機のシューティングをメインに据えたSF作品群である。一方、『スターフォックスアドベンチャー』には銃火器が登場せず、クリスタルスタッフによる近接戦闘がメインになっている。また、謎解き要素がふんだんに盛り込まれた『ゼルダの伝説』のようなゲームデザインも、『スターフォックス』シリーズとしては珍しい要素だ。

 このような異色のタイトルとなった背景には、本作がもともと『ダイナソープラネット』というNINTENDO 64向けの新規IPとして開発されていたという経緯がある。しかし、開発が長期化し、本作のプラットフォームをゲームキューブに移行する際に『スターフォックス』のキャラクターを登場させることが決定したのである。もともと『スターフォックス』シリーズとして開発されていなかった背景から、本作はシリーズ中でもかなり風変わりタイトルといえるだろう。

〈『ゼルダ』ライクのゲームとしてはなかなかの完成度を誇る〉

 本作は『スターフォックス』シリーズの一つとして見ればかなり異質な作品だが、『ゼルダの伝説』のフォロワータイトルとしては高い完成度を誇る。

 まず評価したいのは、いま見ても色褪せない美しいグラフィックだ。フォックスのふさふさとした体毛、恐竜の鱗の質感、水辺の表現などは見事で、ゲームキューブ初期に発売されたタイトルの中では間違いなくトップクラスのクオリティである。変化に富んだフィールドも魅力的で、高精細なグラフィックで描かれた緑豊かな草原や雪山、海など多彩なロケーションを楽しめる。景色が良さも手伝い、探索が非常に楽しいゲームだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル