top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『監察医 朝顔』が描き続ける未来への希望 上野樹里演じる朝顔に再び会えることを願って

Real Sound

『監察医 朝顔2022スペシャル』©︎フジテレビ

 上野樹里が主演を務める『監察医 朝顔』(フジテレビ系)が帰ってきた。

参考:『監察医 朝顔』が帰ってくる 上野樹里が「まだまだ、朝顔を演じたい」と語る理由

 第1シーズン(2019年7月~9月)、第2シーズン(2020年11月~2021年3月)と数えて4年目を迎える本作。1年半ぶりのキャスト集結となった今回の『監察医 朝顔2022スペシャル』では、劇中でも同じ月日が流れている。

 第2シーズンは亡くなった里子(石田ひかり)との再会、アルツハイマー型認知症となった平(時任三郎)、次女・里美の誕生といった大きな出来事が、朝顔(上野樹里)や桑原(風間俊介)、つぐみ(加藤柚凪)の周りで起きていた。そこから1年半が経ち、桑原は課長に出世し、異動先の神奈川県警から野毛山警察署にカムバック。桑原に先を越されてしまった“係長”の山倉(戸次重幸)をはじめとする署の面々に、朝顔が勤める法医学教室のメンバーも和気あいあいと勢揃い。2つのスリリングな事件を描きながら、その裏にある朝顔たち家族の日常が映し出されていく。

 前シーズンで幼稚園に通っていたつぐみは小学校へと入学。総ちゃんという彼氏の存在をにおわせる、桑原も気が気ではないお姉さんとなった。その一方で里美にママとパパを取られたと嫉妬心を滲ませるようになっていた。そこに重なる平の進行し続ける認知症。家族は静かに限界を迎えていた。小さなほころびをきっかけにして、つぐみは大声で泣き叫んでしまう。

広告の後にも続きます

 涙なしに観られなかったのは、つぐみが平の部屋に駆け込んでいくシーンだ。第2シーズンでは、朝顔たちと約束した家族旅行、居間に設置した“ごめんばこ“の続き、つぐみと里美と3人で寝る約束、自分が自分で録音した里子との思い出話を聞く老後と、平にとってのこれからに向けた希望が示されていた。それはつぐみにとっても大好きなじいじとの約束であったが、病気は隠し通すことのできないレベルにまで達していた。つぐみを焦らせたのはたまたま目にしてしまった老人ホームの案内だ。「早く病気を治さないと、じいじ遠いところに連れてかれちゃうよ。そしたら、離れ離れだよ。寂しいでしょ」ーー演じる加藤柚凪はこの1年半の間で、『カナカナ』(NHK総合)、『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)といった作品でも活躍していたが、やはり『監察医 朝顔』での“つぐみちゃん“のイメージは多くの視聴者に浸透しているのだろう。「つぐみちゃん」は瞬く間にTwitterのトレンド入り。この1年半の月日の経過を最も感じさせたのは彼女の演技の成長だったのかもしれない。

 家族で揉め事があった時、桑原は必ず話し合いの場を作る。つぐみの代わりはいない、パパとママは先立つから、そばにいるさとちゃん(里美)を大切にしてほしいと。朝顔は平が家族一人ひとりに残したPCにある手紙を開き、父の希望通りに仙の浦にある介護ホームに預けることを決める。

 叶えられなかった約束もある中で、平は“ごめんばこ“の続きと、家族旅行を実現することができた。行き先は里子との思い出が詰まった仙の浦。シーズン毎に岩手県陸前高田市で撮影している『監察医 朝顔』は、被災地の今を収めたドキュメンタリー映像の側面も持ち合わせている。本作が続いていく限り、それは震災を風化させない意志となる。震災、そして劇中では描かれてはいないが、現実におけるコロナ禍を経て、希望のシンボルとなったのは七夕祭りだ。色とりどりの山車に、祭囃子、太鼓の音色。平が朝顔に向けた「(ありがとう)」の言葉は太鼓の音にかき消されていく。

 そして家族みんなで訪れた海水浴場で、ふと朝顔の前に現れた里子と平。「元気でな」と優しく微笑む平、明るく手を振る里子。印象的なのは、50秒近くを使ってゆっくりと演じる上野樹里を捉えていく贅沢なカメラワーク。朝顔の“夢”とも捉えられるその描写については受け取る側に委ねられているところが大きいが、筆者は朝顔の晴れやかな笑みを見てまた前に進むことを決めたのだと受け止めた。

 『監察医 朝顔』が伝えているのは生きることの尊さとそれぞれの幸せの形、そして未来に向けた希望。また朝顔たちの今が描かれることを願って。(渡辺彰浩)

TOPICS

ジャンル