top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

串田和美×小日向文世、『スカパン』を語る~「久しぶりの串田さんの稽古場は相変わらず大変です」(小日向)「90歳のスカパンも元気でやりたい」(串田)

SPICE

串田和美(左)と小日向文世 撮影:田中亜紀



まつもと市民芸術館総監督の串田和美にとって『スカパン』は節目節目に上演するなど大切にしてきた作品だ。フランスの劇作家モリエールの『スカパンの悪巧み』を下敷きに、独自につくり上げてきた本作は、シアターコクーン芸術監督時代の1994年に初演、まつもと市民芸術館でもこけら落としの2004年、開館10周年の2013年、そして2015年にはシビウ国際演劇祭に招聘され、凱旋公演では野外を含む松本市内2か所でも上演してきた。そして芸術監督・総監督として締めくくりとなる今年、4度目の公演を、2022年9月30日より、まつもと市民芸術館小ホールを皮切りに各地で行う。今回の公演では、串田が率いてきたオンシアター自由劇場のメンバーで、映像に舞台にと八面六臂の活躍をしている小日向文世がジェロント役で参戦する。さらには串田の息子・十二夜と、小日向の長男・星一が共演するという話題もある。二人に話を伺った。



 

<STORY>
港町ナポリ。口が立って世渡り上手のスカパン、そんな彼をうらやむシルヴェストルは、それぞれ恋に夢中のオクターヴとレアンドルの従僕だ。恋人イアサントと勝手に籍を入れたオクターヴだったが、何も知らない資産家の父親ジェロントが結婚話を持ってくる。同じころ、レアンドルは大好きなゼルビネットをジプシーから取り返すため膨大な金を必要としていた。そんな時だけスカパンを頼る若い二人。「それじゃあその金はね、あんたらの親父さんからいただくことにしましょう」と引き受けたスカパンだったが……


――串田さん、松本では4度目となる『スカパン』です。

広告の後にも続きます

串田 『スカパン』はだいぶ前に80歳になるときにやろうと決めていて、そこまでは絶対に健康や元気をキープしなきゃと。しかも、まつもと市民芸術館での芸術監督、総監督の任期の最終年も重なって、やることを決めたわけです。

――小日向さんは『スカパン』に出演されるのは、今回が3回目ですね。

小日向 僕はオンシアター自由劇場がシアターコクーンのフランチャイズのころ、初演と再演に参加しているんですよ。

串田 僕が芸術監督をしていたシアターコクーンではレパートリーシステムとロングランシステムを混ぜたようなやり方をしていて、秋に新作をつくって評判の良いものは春にも上演していました。最初1994年に、真名胡敬二さんに演出をお願いして、若いメンバーとつくり始めて、その半年後の公演で小日向さんがシルヴェストルを、2回目のときは今息子さんがやっているオクターヴ役でした。それを持ってアヴィニョンに行きましたね。そして今回はジェロントをやってもらいます。

小日向文世 撮影:田中亜紀


――じゃあ小日向さんはいろいろな役を演じながら、串田さん演じるスカパンを舞台上からご覧になってきたんですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル