top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミュージカル『SERI〜ひとつのいのち』下司尚実×桑原まこ×宋元燮〜「だれにでも起こりうる物語として体感してほしい」

SPICE

演出の下司尚実と桑原まこ



いわゆる日本に定着してきた「それ」とはひと味、ふた味も違うテイストのオリジナル・ミュージカルを手がけている「conSept」という、宋元燮がプロデュースするチームがある。“~Simple, Small but Special~”を掲げ、これまでのキャリアや常識ではなく、描きたいテーマに必要だからこそのスタッフやキャストを起用している。いや、どこだってそうだと言われてしまえばそれまでだが、少し注目していてほしい。次回作『SERI〜ひとつのいのち』(2022年10月6日~16日 東京・博品館劇場、10月22日〜23日 大阪・松下IMPホール)は、異国の地で働くキャリアウーマンが、両眼性無眼球症という見えない、話せない、歩けないという障害のある娘が誕生したことから、押し寄せてくるさまざまな難問に立ち向かう姿をつづった倉本美香の「未完の贈り物」(2012年刊)を原作にしている。娘の名は千璃(せり)。舞台では、彼女自身が感じたかも知れないことに想像を巡らせ、千璃と母・美香、父・丈晴の親子を通して、人と人が共感し共存することの本質を探り、描いていく。音楽を手がけるのはconSeptのオリジナル作『いつか~one fine day』『GREY』をはじめ、最近は各方面で高い注目を集める若手・桑原まこ。演出はconSept作品に振付家として参加してきた「泥棒対策ライト」の下司尚実がミュージカルに初挑戦する。プロデューサーの宋元燮を交え、話を聞いた。

『SERI〜ひとつのいのち』出演者のめんめん



 

――座組みが面白いですね。もちろん、桑原さんをはじめ、ミュージカル畑の方もいらっしゃいますが、ミュージカルのイメージのない方も顔をそろえています。まずクリエイターから紹介してください。

 原作である倉本さんのご本は知人からの紹介でしたが、障害のある子の話であり親子の話でもあり、しかも母親の目線で描かれているので、女性のクリエイターと一緒に創作したいと考えました。桑原まこさんはうちの作品のほとんどに関わってくださっていて、オリジナルは3作品目になるんです。これまでと座組みを変えてみたいということを桑原さんに話し、脚本と作詞を高橋亜子さんにお願いしました。演出家を決めるにあたっては、話せない見えない千璃さんのことをどう表現するかが根幹になることと、千璃さんを中心に置きたいという思いがありました。たぶん動きでの表現になるだろうと思い、これまでご一緒した方で、コンテンポラリーにより過ぎず、かといってど真ん中のミュージカルの表現とも違う下司尚実さんにお願いすることになりました。


広告の後にも続きます

――キャストの皆さんはいかがですか。 

 障害の話だけじゃなく、多様性をテーマにしたかったので、なるべくいろいろなところから集めたかったんです。下司さんがこれまで出会ってこられた方が、僕とはだいぶ違うこともあって、この人を必ず呼ぶということではなく、脚本を真ん中に置き、この役にはどういう人が必要か一人ずつ相談して決めました。全員がそれぞれ個性がある状態になることが理想ではありましたね。

――下司さん、お話をもらったときはどんな思いを抱きましたか。

下司 もちろんうれしかったですけど、最初は「どうして私なんですか」とお返事したような気がします。でもミュージカルの演出に挑戦してみたいという思いがあったのと、東京2020パラリンピックの閉会式で旗手入場のシーンの振付を担当させていただいたときに気づいたことが大きく関わって、お受けすることを決めました。日本に暮らしていると障害を抱えた人と会わないまま、もしくは距離を置いたまま生きていくことが当たり前になっているようなそんな感覚にハッとしたんです。私もその中の一人で、でもそのことに気づいたなら出会っていきたい、気づいていきたいと思っていたんです。なのでお話をいただいた時点でこれはとても難しい作品づくりになるだろうと思いながらも、やるべき仕事だなと何かピンとくるものがありました。

下司尚実


――主宰されている「泥棒対策ライト」というプロデュースユニットでの活動もここにつながっている部分もあるのでしょうか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル