top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

50~150人。史上最多連続殺人犯は小柄な老婆だった「ババ・アヌイカ」の物語

カラパイア


 記録のある中で、最も人を殺した連続殺人犯はルーマニア出身とみられる女性で、なんと90歳の時に逮捕された。

 ババ・アヌイカ(Baba Anujka)あるいは「バナトの魔女」としても知られるアナ・ディ・ピストチャは、アマチュアの化学者としての知識を利用して、19世紀後半から20世紀始めにかけて50人から150人もの人を殺したと言われている。

 アヌイカは1929年に懲役15年の判決を受け、8年間刑務所で過ごした後、老齢のために釈放され100歳まで生きた。

ババ・アヌイカがバナトの魔女になるまで

 ババ・アヌイカの過去は、謎に包まれている。1838年、現在のルーマニア、バナト地方で生まれたとされているが、彼女の人生は現在のセルビア(かつてのユーゴスラビア)のヴォイエヴォディナ州ウラジミロヴァッツと深く関わっている。

 アヌイカは裕福な牧場主の娘として、快適な子ども時代を過ごし、十分な教育も受けることができた。

 しかし、20代前半、オーストリアの将校に言い寄られたあげく捨てられ、傷心と梅毒に悩まされて、人間嫌いになった。

 学のあったアヌイカは化学の世界に逃避し、地元の治療師兼魔女として知られるようになり、適正価格で誰でも”消す”ことができるビジネスに手を染めていった。

 数年の間、世間から距離をおいた後、ある地主と結婚し、5人の子どもをもうけたが、不幸なことに、成人したのはひとりだけだったという。

 夫は彼女よりかなり年上で、結婚20年で死んだ。夫の死後、彼女は「バナトの魔女」になった。

1929年の裁判中のババ・アヌイカ / image credit:public domain/wikimedia

魔法の水を使って依頼者の夫を次々に毒殺

 夫が死んでから、アヌイカはウラジミロヴァッツの自宅の一部を化学研究室に変え、そこでさまざまな混合物を調合する実験を始めた。

 まもなく、バナトの人々の間で、彼女は治療師、魔女として知られるようになったが、さらに物議をかもす”薬”に手を出すようになった。

 兵士に毒薬を与えて病気にさせ、兵役を免れさせたり、人妻たちにいわゆる”魔法の水”を与えて、彼女たちの夫を追い払う手助けをしたりしたのだ。

 このアマチュア化学者は、結婚生活に問題があると相談されると、依頼人に”その問題はどれくらい重いのか?”と訊ねるという。

 つまり、それは”被害者の体重はどれくらいなのか?”という意味だった。

 それからアヌイカは、その問題を解決するために、一服盛られたことを誰にも気づかれずに、ターゲットを亡き者にすることができるヒ素の量を計算するという。

 アヌイカは、ほとんどが女性だった依頼人たちに”魔法の水”を与え、それを夫に飲ませるよう指示した。

 夫たちはたいてい8日ほどで死んだという。この小柄な老婆は、少なくとも50人、最大150人を死へ追いやったと言われている。

魔法の水ビジネスで大儲け

 1920年までに、バナトの魔女のこの魔法の水ビジネスはかなり儲かり、アヌイカは販売代理人を雇うことができるまでになった。

 この代理人は、潜在的な顧客を見つけて、彼らとアヌイカを結びつける役目を担った。もちろん、この魔法水の科学的なプロセスを知る人はほとんどいなかった。

 そのため、顧客のほとんどは、アヌイカが魔力を持っていて、人を殺すことができると信じていた。

 こうした評判は、アヌイカに大金をもたらしたが、必然的にこの恐ろしいビジネスは注目を集めるようになった。

似たような状況の死人が相次いだことで犯行がばれ、ついに逮捕

 1924年、常連のクライアントであるスタナ・モミロフが、魔法水で夫のラザル・ルドスキを殺した。彼女の二番目の夫のおじが、似たような状況で死んだとき、警察が疑問に思い始めた。

 1926年12月、アヌイカはシマ・モミロフとその妻ソフィヤに魔法水を売り、彼らはシマの70歳の父ニコラを殺そうとした。

 殺害には成功したが、これがモミロフ裁判へと発展し、ババ・アヌイカが、ラザル・ルドスキとニコラ・モミロフの殺人の共犯者として告発された。

Baba Anujka: The Alchemist of Vladimirovac

90歳で刑務所に。8年後釈放され100歳で死亡

 アヌイカは、モミロフ夫妻に魔法水を売ったことはないと主張していたが、犠牲者の遺体から見つかったひ素の痕跡の分析や、顧客の証言などから、この人気治療師は15年の懲役を言い渡された。

 判決が下されたとき、アヌイカは90歳だったが、高齢を理由に8年後に釈放された。

 ババ・アヌイカは、最晩年の2年間をウラジミロヴァッツの自宅で過ごし、1938年9月1日に100歳で亡くなった。

 こうして「史上最多連続殺人犯」としての評判は伝説になったのだ。

References:Baba Anujka – Wikipedia / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル