top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・坂本「性癖トラブル」が終わらない!ついに野球ファンが分断された

アサ芸Biz

「この問題、本当にこのままで大丈夫なのか?」

 野球に興味のない人までそんな言葉をつぶやき始めているのが、巨人坂本勇人の「性的トラブル」の一件だ。

 球団もスポーツ紙、テレビといったメディアも、まるで何事もなかったかのように「無視」を決め込んでいるが、坂本が試合に出るたびに騒動がまったく鎮静化されていないことが明らとなる。

野球ファンの中でも二分されていて、問題をスルーしてこれまで通り観戦しようという人と、唾棄するように拒絶している人がいますね。前者は何がなんでも坂本問題には触れないようにしていますし、後者は坂本が出場するたびにヤジを浴びせるという感じ。この二極化はシーズンが終わるまで続きそうですね」(週刊誌ライター)

広告の後にも続きます

 9月26日現在、セ・リーグ3位まで再浮上してクライマックスシリーズを狙える位置にいる巨人としては、当然、今後も坂本の戦力は必要となるはず。だが、上記のように「坂本問題」が足を引っ張るのである。

「坂本へ声援を送るスタンドのファンに対してあからさまに嫌悪感を示す他球団ファンが増えているのです。《女子で坂本を応援してる子ってヤバくない?》《野球のためにそこまで割り切れるもの?》と厳しい文言が溢れています」(前出・週刊誌ライター)

 坂本問題に完全スルーを決め込むメディアに対しては、ロンブー・淳や、NHK党の立花孝志党首も、「忖度があるのか」「あきらかにおかしい」と疑問を投げかけている。

 ファンをも二分してしまった「坂本問題」。まだまだ収まる様子は見られないのである。

(飯野さつき)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル