top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

樋口和貞が竹下幸之介との死闘を制し、KO-D無差別級王座V2。10・23後楽園で“兄貴分”坂口征夫が挑戦へ【DDT】

TOKYO HEADLINE

 DDTプロレスが9月25日、東京・後楽園ホールで「Who’s Gonna TOP? 2022」を開催。KO-D無差別級王者・樋口和貞が竹下幸之介との死闘を制し、2度目の防衛に成功し、ベルトの米国への流出を阻止。次期挑戦者には、イラプション時代の“兄貴分”坂口征夫が名乗りを挙げ、10月23日、後楽園でのタイトル戦が決まった。

 序盤から両者はショルダータックル合戦を繰り広げ、真っ向勝負。竹下がプランチャーを見舞えば、樋口もよもやのプランチャーを返した。5分過ぎには竹下がトップロープ越えのトペ・コンヒーロを発射。樋口はアバランシュ・ホールド、ドクターボムで対抗。場外で鉄柱を巡る攻防となったが、樋口のヘッドバットで竹下が流血。リングに戻ると、樋口はショートレンジラリアット、走り込んでのラリアット、ブレーンクロー・スラムと猛攻。竹下がジャーマンを繰り出せば、樋口はブレーンクロー・ボム。2度のラリアット相打ちから、再度、竹下がジャーマンを出せば、樋口もジャーマンで返した。その後、竹下のエルボーと樋口のチョップの打ち合いに発展。樋口がチョップ、ヘッドバットの乱れ打ちも、竹下がジャンピング・ニー。それでも樋口は渾身のぶちかましを決めて3カウントを奪取した。

 竹下は「KO-D無差別級王者・樋口和貞、オマエなら大丈夫だ。頑張れよ」と言うと、握手はせず、抱擁をかわし樋口の手を挙げ退場。そこに、この日、勝俣瞬馬、飯野“セクシー”雄貴との「いつでもどこでも挑戦権争奪3WAYマッチ」を制し、挑戦権をキープした青木真也が現れるも、行使はせず場外から樋口とグータッチをかわして帰っていった。

 樋口は「竹下幸之介、すごかったです。ただ今日は俺の勝ち。また戦う続きがあると思っています。もう1回戦うまで待ってます。青木真也も待ってます」とマイク。

 すると、ここで坂口が登場し、「俺がなんでオマエの前に立ってるか分るよな。そのベルトをかけて俺と勝負しなきゃいけないことも、よく分かるよな。オマエの弱さを俺はよく分かってんだ。オマエはまだ俺の本当の怖さを分かってない。俺と勝負しろ、そのベルトをかけて」とアピールすると、樋口は「勝負だ!」と受諾し、10・23後楽園での王座戦が決定。

広告の後にも続きます

 バックステージで樋口は「正直すごかった。今日はたまたま俺が上になっただけ。今まで培ってきた武器が、最後の最後に一発だけ残ってた。米国に行ってしまうんでしょうけど、世界一になってもらいたい。このタイミングでやりたかったのは、もしかしたらもう竹下幸之介とは戦えなくなるかもしれないという気持ちもあったので。まだまだやりたい。紙一重だったんで」と安堵の表情を浮かべた。そして、「青木真也、いつでも待ってます。坂口征夫、自分のことをよく分かってる人です。坂口征夫という存在を飲み込んで、このベルトを守ってDDTの中心に立っていきたいと思います」と王座死守を誓った。

 一方、ベルト奪還ならなかった竹下は「樋口と初めてKO-D無差別級のベルトをかけて戦って、今日は僕の完敗です。樋口はデビューしたときから強かったけど、今の樋口は本当に強い。僕も強さという部分にこだわって10年DDTで戦ってきましたけど、DDTの強さという部分は樋口に任せられるんじゃないか。彼がDDTで一番強い男です」と敗北を認めた。さらに「前回、米国は4カ月行って、一瞬で人生変わりましたけど、次は年末に帰ってくることが決まってるので、10月から約2カ月半とかになる。前回の4カ月以上に、日本のプロレスファン、DDTのファン、DDTの選手たちに夢を与えられるくらいに大きく飛躍したい」と語った。

 樋口への挑戦が決まった坂口は「もともとポテンシャルがある。あの強さを元から持ってる。6月のサイバーファイト・フェスの件(遠藤哲哉の脳震とう)があって、KING OF DDTがあって、アイツ自身が変わって。くすぶってたものが爆発したんじゃないかと。アイツが遠藤、竹下に勝っても、俺からしてみれば不思議なことじゃない。体と体でぶつかったら、アイツがDDTで一番強い。強い部分もよく分かってるし、弱い部分も見えてるんで。俺にしか分からない樋口がいるので。俺にしかできない打ち崩す方法を知ってる」と自信を見せた。40歳未満の年齢制限で「D王 GRAND PRIX」に出場できないことについては「ベルト巻いてやるから。40歳未満、D王でしのぎ削って、俺のところに来い。40オーバーなめんなよ」と話した。

 また、DDTシングル最強決定リーグ戦「D王」の出場選手が決定。Aブロックが遠藤、佐々木大輔、上野勇希、吉村直巳、ジョーイ・ジャネラ、RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)。Bブロックが樋口、クリス・ブルックス、MAO、火野裕士、納谷幸男、KANON。11・1後楽園で開幕し、各ブロックでリーグ戦を行い、両ブロックの得点1位の選手が12・4後楽園で優勝決定戦を争う。

DDTプロレス「Who’s Gonna TOP? 2022」(9月25日、東京・後楽園ホール) ◆ダークマッチ 10分一本勝負 ○岡谷英樹&小嶋斗偉(6分37秒、片エビ固め)高鹿佑也&石田有輝● ※ダブルアーム・スープレックス ◆オープニングマッチ 30分一本勝負 MAO&朱崇花&○赤井沙希(6分44秒、エビ固め)大鷲透&平田一喜&アントーニオ本多● ※新人賞 ◆第二試合 いつでもどこでも挑戦権争奪3WAYマッチ 30分一本勝負 〈挑戦権保持者〉○青木真也 vs 勝俣瞬馬●〈挑戦者〉vs 飯野“セクシー”雄貴 with 男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人〈挑戦者〉 (6分58秒、ヨーロピアンクラッチ) ※青木がいつでもどこでも挑戦権の防衛に成功。 ◆第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負 西村修&●川松真一朗(11分41秒、拷問コブラツイスト)彰人&納谷幸男○ ◆第四試合 30分一本勝負 ○佐々木大輔&藤田ミノル&KANON with MJポー(11分21秒、クロス・フェースロック)吉村直巳&火野裕士&大石真翔● ◆第五試合 30分一本勝負 遠藤哲哉&秋山準&●岡田佑介&正田壮史(11分18秒、片エビ固め)高木三四郎&HARASHIMA&坂口征夫○&高尾蒼馬 ※神の右膝 ◆セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負 〈王者〉○上野勇希(13分1秒、片エビ固め)カーラ・ノワール●〈挑戦者〉 ※WR。第8代王者が初防衛に成功。 ◆メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負 〈王者〉○樋口和貞(18分57秒、体固め)竹下幸之介●〈挑戦者〉 ※ぶちかまし。第79代王者が2度目の防衛に成功。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル