top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小学3年生が母親にすすめられ、父の寝床で煙草を吸うと…

幻冬舎ゴールドライフオンライン

子どもたちの可愛さにくすっと笑えて、ほんのり温かい。30秒で読めて癒やされる、ショートエッセイ。※本記事は、高島義一氏の書籍『<ほっと一息>』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

母には…

共犯

新しい職場「えがお館」は館内完全禁煙です。そこで私の禁煙の話を少し。ある日父が寝床からタバコを持ってきてとのこと。母はタバコに火をつけ父に隠れて一服吸うと、目の前にいた私に手渡しました。すすめられるまま一服吸うと、ゴホゴホ。2、3日のどがおかしくなりました。

確か小学3年の頃でしたが、以後禁煙を続けています。

お薦め度☆☆

広告の後にも続きます

映画化された小説『食堂かたつむり』を読んで、子どもの頃を思い出しました。その頃、家には鶏が一羽いたのですが、どうも対人関係が苦手なようで、しょっちゅう人の足をつっついて、ついに母を怒らせ、投げられた煉瓦が足に当たって引きずるように……。

母は良心の呵責に耐えられなかったのか、数日後……

美味しかったです。

実学

母が読んだ文庫本500冊以上を処分するため、子どもと古本屋に。売上は子どものお小遣い。しかし、結局6冊60円分が売れただけ……。

親子で打ちひしがれ、「今日の夕食はインスタントラーメンにしようか」……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル