top_line

“米NFLと不仲だった”リアーナがスーパーボウルのハーフタイムショーに出演

フロントロウ

 そのため、保守派に肩入れしたNFLの姿勢に不満を示すセレブが多く、リアーナは2019年のスーパーボウル当日に「私たち(自分とNFL)は不仲」というコメントをインスタグラムに投稿したほど、NFLとは険悪な仲だった。

ジェイ・Zの介入でNFLと和解?

 しかし、その後ビヨンセの夫でラッパーのジェイ・Zが運営するロック・ネイションが、NFLとパートナーシップを組むことを発表。ハーフタイムショーをはじめ、エンタメ関係のコンサルタント業務を行なっているほか、NFLが最近立ち上げた雇用機会の平等を目指すキャンペーンの一環である、インスパイア・チェンジなどで協力。

 リアーナにとってジェイ・Zは自身をトップアーティストに育ててくれた恩師の1人。そのこともあってか、リアーナは2022年に開催されたスーパーボウルには恋人のエイサップ・ロッキーと一緒に観客として参加。これにてリアーナとNFLの確執は雪解けしたと言われていた。

広告の後にも続きます

©kodaklens

 ジェイ・Zは今回リアーナがハーフタイムショーに出演することについて「リアーナは世代を代表する才能の持ち主であり、謙虚な生い立ちを持ち、ことごとく期待を超えてきた人物です。バルバドスという小さな島で生まれ、史上最も著名なアーティストの1人となった人物。ビジネスとエンターテインメントにおいて自らの力で成功しました」と声明を出している。

 ちなみにこれまでハーフタイムショーはペプシの提供で行なわれていたものの、2023年からはApple Musicがスポンサーに。

 約6年ぶりに音楽業界に復帰するリアーナは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか今から期待したい。(フロントロウ編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル