top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“米NFLと不仲だった”リアーナがスーパーボウルのハーフタイムショーに出演

フロントロウ

2023年に開催されるNFLの頂上決戦であるスーパーボウルのハーフタイムショーにリアーナが出演することが決定した。(フロントロウ編集部)

リアーナが第57回ハーフタイムショーに出演

 これまでビヨンセ、レディー・ガガ、ブルーノ・マーズ、ザ・ウィークエンド、そして2022年はドクター・ドレ、スヌープ・ドッグ、エミネム、メアリー・J・ブライジ、ケンドリック・ラマーが出演したNFLの頂上決戦スーパーボウルのハーフタイムショー。

 2023年のスーパーボウルは、米時間2月12日にアリゾナ州グレンデールのステート・ファーム・スタジアムで開催されることが決定していたが、ハーフタイムショーでパフォーマンスするアーティストも決定。

 第57回スーパーボウルのハーフタイムショーを担当するのは、なんとリアーナ。リアーナは2016年にリリースしたアルバム『アンチ』以降、フィーチャリングアーティストとして楽曲を出すことはあっても、自分の曲はリリースしていない。そんなリアーナが最近スタジオに出入りする姿がよく目撃されており、ついに新曲をリリースするのではとウワサになっていた矢先、発表されたハーフタイムショーでのパフォーマンス。

広告の後にも続きます

この投稿をInstagramで見る

badgalriri(@badgalriri)がシェアした投稿

長年不仲だったリアーナとNFL

 じつはリアーナは、2019年のハーフタイムショーに出演するアーティストの候補になっていたと言われていたものの、結局は白紙に。

 計画のとん挫の背景には、NFLの選手たちによるテイク・ア・ニーという抗議運動があった。

 2017年~2018年にアメリカ国内で人種問題に抗議するため、試合で国歌斉唱中にひざをつく、通称「テイク・ア・ニー」という行為が一部の選手のあいだで急増したことがドナルド・トランプ米大統領をはじめとする保守派の反感を買い、NFLは選手の抗議活動を禁止に。そして最初にひざをつく抗議活動を行ったコリン・キャパニックが、どのチームとも契約ができない状況となった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル