top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中川翔子、ガングロメイクに制服とルーズソックスで完璧な“平成ギャル”に変身「今日だけ特別に」

WEBザテレビジョン

中川翔子、ガングロメイクに制服とルーズソックスで完璧な“平成ギャル”に変身「今日だけ特別に」

中川翔子が、9月24日に自身のYouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』を更新。「制服ルーズソックスのガン黒ギャルになりました。【平成ギャル】」と題して、“ずっと憧れていた”という平成ギャルにチャレンジした。

■「大きくなったらギャルになりたいって思っていた」

冒頭から歌いながら「トゥットゥルー!中川翔子はギャルに憧れてる〜。ギャル可愛いよぉ〜!ギャルかっこいいよぉ〜!」とテンション高めの中川。「大きくなったらギャルになりたいって思っていた気持ちを、自己肯定感の低さのあまり自ら破壊してたんですね」と10代の頃を振り返り、「でも一回しかない人生、一回でいいからギャルになりたい!」と今回の企画に至った思いも伝えた。

■全身“平成ギャル”に

以前もギャルメイクに挑戦したことがあったが、今回は“制服”を仕入れ、“ルーズソックス”も購入し、全身ギャルに変身。ギャル用のメイク道具やコスメも用意したが、「怖いなぁ。緊張してきた」と少し不安な表情をのぞかせた。「さすがにレベル37だということは分かってるので今日だけ特別ということで!」という言葉で自分の背中を押しながら、スタッフに「いい?」と同意を求める。無言のスタッフに「“いい”って言ってくんないとできないわ!」とお願いすると、「いいよ!」と返ってきて中川は笑顔に。

まずは“ギャルメイク”から。目指すは“ガングロ”ということで、茶色のファンデーションを塗り、サーファーのような健康的な日焼け感のある顔に。そこからパウダーファンデで黒さを増していき、眉マスカラ、ブルーのアイシャドー、まぶたにラメも散りばめ、ポイント的にホワイトシャドーも入れて完成!

■ガラケーも派手にデコってギャル仕様に

ギャルメイクをした中川は、制服、ルーズソックス、茶髪にピンクが混じったエクステという姿で「もしもしぃ。マジ、ウケるんだけどぉ」と、放課後に友達とガラケーで話しているという設定で登場。ガラケーはスタッフの母親が使っているもので、派手にデコってギャル仕様になっている。

「どう?スクールカーストのてっぺん感ある?」「嬉しい!夢叶った!!」「メイクがしっくりきてしまってるんですけど(笑)」と大満足な様子。スタッフからも「似合ってる」という声が。
ウインクしてギャルピースで決めポーズ。「やっぱギャルっていいなぁ。ギャルになれてすっごく嬉しい!」と終始笑顔の中川は、愛猫と一緒にガラケーで自撮りも行った。

■「憧れのギャルに人生で一番近づけた」

動画の終盤で中川は、「ずっと憧れていたギャルに、今までの人生の中で一番近づけた気がします。明るくなりますね」「ギャルのマインドは大人になったこれからも見習っていきたい」とギャルへのリスペクトを示した。
最後は、「私の憧れの夢が満たされた素敵な一日になりました。みなさん、ギャルは好きですか?どんなギャルが好きですか?(チャンネル登録者数)マジ100万人目指してんだけどぉ〜」とギャル口調を交えて締めくくった。

コメント欄には、「ギャルメイクが全く違和感ない」「ギャル姿が似合う」「めちゃくちゃ可愛い」「違和感なくてビックリした」という声が寄せられている。


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル