top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウィザーズが八村の日本遠征を徹底ケア…ジャパンゲームズ後の“燃え尽き症候群”防止に策

バスケットボールキング

ウィザーズが八村の日本遠征を徹底ケア…ジャパンゲームズ後の“燃え尽き症候群”防止に策

「NBA JAPAN GAMES 2022」の開催が目前に迫っている。日本でのプレシーズンマッチ開催は、2019年から実に3年ぶり。今年は昨季の王者ゴールデンステイト・ウォリアーズと、八村塁擁するワシントン・ウィザーズが『さいたまスーパーアリーナ』で激突する。

 八村は日本バスケットボールの象徴として、来日中にステフィン・カリー以上の注目を集めることだろう。八村は数日前に開催されたメディアデイにおいて、スケジュールとプレッシャーの大きさについて言及している。事実、ゴンザガ大学出身のフォワードは昨夏の東京オリンピック参加直後、並々ならぬ過労と心労からチームへの合流が遅れ、その休養期間は2021−22年のレギュラーシーズンの約半分に及んでいる。

 ウィザーズ陣営は、9月30日(金)と10月2日(日)に開催されるエキシビションゲームの後に昨夏と同じことが繰り返されないよう、日本のスターを最大限にケアするよう最新の注意を払う心構えだ。『NBC Sports』によると、ウィザーズのトミー・シェパード球団社長は、チームおよび八村の所属事務所「Wasserman」に対して、いくつかの注意事項を説明。そして、“燃え尽き症候群”防止に備えるサポートを高く評価している。

「我々は素晴らしい仕事をしました。彼のマネージメントスタッフと所属事務所は、彼が日本でバスケットボールに集中できるよう、必要な写真撮影をはじめ、ありとあらゆることを済ませています。もちろん、いくつか交流の場があり、彼がファンの前に姿を現す機会もあるでしょう」

 ジェパード球団社長曰く、八村が日本に戻るのはオリンピック以来初めてのことだという。ブラックサムライは、母国への遠征でチームをもてなすべくディナーのセッティングを担当するなど、日本滞在期間中はウィザーズの大使のような存在を担うことになると見ていい。

広告の後にも続きます

 今季はルーキー契約の最終年であるため、八村にとっては重要な1年となる。ウィザーズはすでにトレーニングキャンプに突入しているが、シェパード球団社長とウェス・アンセルドJr.ヘッドコーチは、練習場での様子に好感触を抱いている様子だ。

 シェパード球団社長は、八村の姿を見て「彼は非常にいい状態にあると思います」とコメント。そして、アンセルドHCも次のように発言している。

「オープンランでの彼のプレーを見ていると、自信に満ち溢れていて素晴らしいですね。シーズン後半に彼を迎えてから今の状況を見ると、まるで違う次元にいるような心地です。昨年はスリーポイントを身につけました。そしてこの夏、彼はペリメーターでプレーするための空間練習に多くの時間を費やしています。ボールハンドリング、フィニッシュ、そして高確率なスリーポイント。これらは彼にとってはただの新たな反復作業です」

 ドラフト以来、NBAプレーヤーとして国内でのプレーを心待ちにしていた八村。母国からの熱い声援が、2022−23年シーズンの飛躍を後押しする。

文=Meiji

【動画】八村塁がNBAジャパンゲームズについて言及
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル