top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ごぼうの党・奥野代表「花束投げ捨て」前にもあった“自己中”行動…参院選特番の強引トークでアナウンサー激怒

女性自身

ごぼうの党・奥野代表「花束投げ捨て」前にもあった“自己中”行動…参院選特番の強引トークでアナウンサー激怒

9月25日に行われた格闘技イベント「超RIZIN」。プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45)が朝倉未来(30)に勝利し、圧倒的強さを見せつけた。しかし、メインイベント直前の花束贈呈式で物議を醸す出来事が。

 

羽織はかま姿で花束を抱え、リング上に登場したのは政治団体「ごぼうの党」の奥野卓志代表(48)。メイウェザーに花束を手渡すものと思いきや、メイウェザーの真正面でバサッと花束を投げ捨てたのだ。だが、メイウェザーは動じることなく、グローブをはめた両手で花束を拾い上げセコンドに渡した。

 

しかし、奥野氏の“暴挙”とも言える行為に批判が殺到。

広告の後にも続きます

 

総合格闘家で朝倉未来の実弟でもある朝倉海(28)はTwitterで《花束捨てたのはやめてほしかった、、》と呟き、プロボクサーの井上尚弥(29)も《エキシどうこうではなく 捨てられた花束を拾ったメイウェザーがカッコよ過ぎた…。俺なら確実に拾わん。。メイウェザーに謝罪したい気持ちになったのは俺だけじゃないはず、、》とツイートするなど“総スカン”状態に。

 

試合終了後、RIZINの榊原信行CEO(58)はリング上で「冒頭に本当に情けない恥ずかしい行為を働いた人間がいます。我々もあの、リングの中は本当に神聖な場所だし、命をかけて戦う選手たちにどちらを応援する、どちらのファンだとか関係なく、礼節をもって対応するべきだとそう思っています」と怒りを滲ませた。

 

続けて、「本当に品性下劣な男をリングにあげたことを、この場を借りてお詫びしたいと思います。すみませんでした」と謝罪し、「本当に悔しいです。(中略)残念なことに世界中で流れてるんで、日本人の恥をさらすことになったことを、本当に悔しいし、今後こういうことが起きないように全力でやります。許してください。すいません!」と深々と頭を下げた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル