top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ごぼうの党・奥野氏“花束投げ捨て”を釈明も反省ナシで「公私混同」「日本人の品位損なった責任取れ」と火に油

女性自身

ごぼうの党・奥野氏“花束投げ捨て”を釈明も反省ナシで「公私混同」「日本人の品位損なった責任取れ」と火に油

9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「超RIZIN」での“花束投げ捨て”が大きな批判を浴びている「ごぼうの党」代表・奥野卓志氏(48)。自身の行動を釈明したものの、再び物議を醸している。

 

もともとは会社経営者である奥野氏。今年7月の参院選を機に結成された「ごぼうの党」の代表でもあり、選挙時には天狗のお面をつけて演説する姿が話題となった。

 

そんな奥野氏は25日の「超RIZIN」での、フロイド・メイウェザー選手(45)と朝倉未来選手(30)のエキシビションマッチの際、オークション方式で落札したプレミアムNFTデジタルチケットの最高額落札者への副賞として花束を贈呈することに。そして袴姿でリングに上がり、メイウェザー選手に近寄り、目の前で花束をリングに投げ捨てたのだ。

広告の後にも続きます

 

その行動に、場内は騒然。メイウェザー選手は何事もないかのように、セコンドに花束を手渡したものの、SNSでは奥野氏に対する批判が相次いだ。

 

「奥野氏に対して、きゃりーぱみゅぱみゅさん(29)は《胸糞悪かったですね》とツイート。格闘家の瓜田純士選手(42)も自身のYouTubeチャンネルで『朝倉、メイウェザー、国民に謝れ』と訴えました。また、RIZINの榊原信行CEO(56)は奥野氏の行動についてリング上で謝罪。メイウェザー陣営に謝ったと明かした上で、『奥野氏は表に出てきて謝るべき』と怒りを込めて呼びかけていました」(スポーツ紙記者)

 

しかし、当の奥野氏といえば、批判をあまりに意に介していないようだ。『東スポweb』が“花束投げ捨て”について直撃したところ、奥野氏はこう語ったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル