top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今なら保護者が黙っていない…中学時代の教師が生徒にやらせた「人権に係わるおかしなこと」

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、相木鍾三氏の小説『春の息吹』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

第三話 熱い石ころ

「先生、側転でラインを越えたけど受かるだろうか」

「心配するな。大きな図体して」

教師はめんどくさそうに言うとくるりと背を向けてしまった。発表まではまだ時間がある。

常雄は暇潰しにその坂道の横のコンクリートの乾いた溝に丸い小石を転がし始めた。

広告の後にも続きます

「いいか。こいつが下まで転がっていけば合格だぞ」

彼はピンポン球ほどの石を溝のなかにポンと投げ込んだ。石はしばらく転がってから傾斜が緩やかなためと溝のなかにまで垂れ下っている芝生のため遮られて停止した。

「ちぇ、滑った。今度はお前のを占ってやろう」

明夫は笑いながらそれを見守っていた。

「おっ、調子いいぞ」

投げ出された石はついさっきの石の脇を越えて下まで転がっていくかに見えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル