top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【稽古場レポート】劇団四季『美女と野獣』リニューアル版はどう変わるのか「完成することがない作品」

SPICE

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』稽古場(撮影:荒井健)



初日まで約1か月となった劇団四季『美女と野獣』。本作は1994年、ディズニー・シアトリカルプロダクションが初のブロードウェイ進出を果たしたミュージカルで、今回の公演は上海・ディズニーリゾートでの上演を基にしたリニューアルバージョンとなる。ここでは開幕に先駆け、四季芸術センターにておこなわれたメディア向けの公開稽古と取材会の模様をリニューアル版での変更ポイントを意識しながらレポートしていきたい。

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』稽古場(撮影:荒井健)


稽古の開始時刻に向け、個々に発声やストレッチをする俳優たち。次第にその空気がひとつにまとまり、演出と振付を担うマット・ウェスト氏の声掛けで公開稽古が始まった。

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』稽古場(撮影:荒井健)


広告の後にも続きます

この日メディアに公開されたナンバーは4曲。最初の楽曲「変わり者ベル」は本好きのベルが街の人々に噂される作品冒頭のナンバー。ベル役候補の五所真理子は周囲の噂をものともせず、本と自らの世界に没頭するベルを春風のような軽やかさで演じる。稽古の後の取材会でウェスト氏から明らかにされたのだが、リニューアル版のベルは眼鏡をかける場面もありそうとのこと。新たなベル像に期待が高まる。また、舞台ツラが直線でなく曲線を描いていることもわかる。さらにベルが読んでいる本の内容も四季オリジナル版CDから”あの作品”に変更されているので、その歌詞にも注目してほしい。

1度通したところでウェスト氏のノート(俳優への修正ポイントなど)をはじめ、各クリエイティブの微調整が始まる。公開稽古の登板俳優だけでなく、ダブルキャストとして出演候補になっている俳優もその場にスっと駆け寄りスタッフからのノートを聞く姿が印象的だった。この時のウェスト氏の全体への指摘は「ベルと街の人々との間の温度差をもっと明確に」。

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』稽古場(撮影:荒井健)


2曲目は「ガストン」。街のマッチョマン・ガストンがベルに結婚を断られ、手下のルフウや街の人々に盛り上げられて次第にパワーを取り戻す場面だ。ガストン役候補の金久烈とルフウ役候補の山本道がコミカルにシーンを展開させる中、アンサンブルの俳優たちが金属製のビアマグでリズムを奏でる。場面写真をご覧いただくとわかる通り、このシーンでは皆、手にプロテクターを装着している。これはビアマグ同士を打ち付けるさいの手指へのダメージを軽減するため。

間もなく劇場での稽古に入ることもあり、上手側、下手側ともに小道具のスタッフも常駐しており、俳優との小道具のやり取りや、使い終わった道具の撤収なども稽古の進行とともにおこなっていた。こういう様子を目にするたび、舞台作品は照明が当たらない人たちの手によって支えられているのだとあらためて実感させられる。

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』稽古場(撮影:荒井健)


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル