top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堀口恭司が金太郎に復活の一本勝ち。フライ級転向とBellatorでの王座奪還。そしてUFC再挑戦にも言及【RIZIN.38】

TOKYO HEADLINE

「RIZIN.38」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインイベントでRIZINバンタム級、元Bellator世界バンタム級王者の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が金太郎(パンクラス大阪稲垣組)を2R、肩固めで破った。堀口は2020年大晦日の朝倉海戦以来、1年9カ月ぶりのRIZIN参戦だった。

 堀口は現在、Bellatorで2連敗を喫しており、ある意味崖っぷちでもあったのだが、本人は前々日のインタビューでは「そこまで気にしてはいない。ミスしたところを修正したら勝てる。そこは十分修正できる」などと語っていた。

 試合は1R開始のゴングとともに金太郎が飛び蹴りを放つ。これを軽やかなステップでかわした堀口は中央を取ると金太郎がその周囲を回る展開に。堀口は右インロー、右ロー、前蹴りと放っていく。金太郎は飛び込んで左ストレート。足を使って連打を許さない堀口が右ミドル。これに金太郎が左ストレートをカウンターで合わせると堀口がダウン。すぐに立ち上がった堀口は足を使って距離を取ってダメージを回復。金太郎の飛びヒザをキャッチしてテイクダウンに成功。マウントに移行しスリーパーを取りかけるが金太郎は正対することに成功し脱出。スタンドに戻り、堀口が右インローを放つと金太郎はここでもパンチを合わせに行く。それでも堀口は右インロー、右ハイとキックを放つ。そしてラウンド終盤、右フックを放った際にそのまま左腕をニータップ気味に金太郎の足にかけテイクダウンに成功。マウントを取ってパウンドを落としていくがすぐにゴング。

 2Rも堀口のローに金太郎は左ストレートを合わせていく。堀口は打撃から切り替え、フェイントからタックルを決め、難なくテイクダウン。右手で首を巻いてパンチを落としていく堀口。そしてマウントを取ると肩固めに移行。なんとか耐えていた金太郎だったが、たまらずタップ。堀口が復活の雄叫びを挙げた。

 堀口は試合後のマイクで「ヒヤヒヤさせてしまって。金太郎選手、強かったです。格闘技はこういうことがあって、めちゃくちゃ面白いです。会場に来てください。生の音は違うんでぜひ会場に来てください」とアピールした。

広告の後にも続きます

 堀口は試合後の会見で「うれしいですね。でもパンチとかもらってしまったので、もうちょっと早く自分が得意な寝技に持って行ければ良かったなと思ってます」、カウンターの左ストレートでダウンを喫した場面については「自分は全然ヒヤッとしなかったです。ダメージはなくてフラッシュ。一瞬だけ意識がなくなってすぐに戻った。焦りは全くなかった。マイク・ブラウンに“なにやってんだ、最初からテイクダウンに行け”と怒られました(笑)。相手も自分のことを研究していてタックルに行きづらい戦い方をしてきましたね」などと振り返った。

 連敗を脱出し、今後については「これからもっともっと格闘技を盛り上げていきたい」、前々日インタビューの際に階級を一つ下げることを示唆していたのだが、この日も「やはり体重が軽いので一階級下げようかなとは思っている。次からでも落としたいと思っている」と語った。そして「まだUFCのベルトも獲っていない。でもまずはしっかりとBellatorでベルトを巻きたい」とBellatorでの王座奪還後にはUFCへの再挑戦も視野に入れた。

「RIZIN.38」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ) ◆第7試合 RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg) ○堀口恭司(アメリカン・トップチーム)(2R2分59秒、肩固め)金太郎(パンクラス大阪稲垣組)● ◆第6試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分3R(49.0kg) ○伊澤星花(フリー)(2R4分56秒、アームバー)アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ/SubHunter, Puncher Fight club)● ◆第5試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分3R(49.0kg) ●浜崎朱加(AACC)(判定0-3)パク・シウ(韓国/ KRAZY BEE)○ ◆第4試合 RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg) ●扇久保博正(パラエストラ松戸)(判定0-3)キム・スーチョル(韓国/ROAD GYM WONJU MMA)○ ◆第3試合 RIZIN MMAルール:5分3R(120.0kg) ○シビサイ頌真(パラエストラ東京/巌流島)(1R1分48秒、スリーパーホールド)カルリ・ギブレイン(ブラジル/BRAZILIAN THAI)● ◆第2試合 RIZIN MMAルール:5分3R(66.0kg) ●萩原京平(SMOKER GYM)(2R2分14秒、スリーパーホールド)鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)○ ◆第1試合 RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg) ●大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ)(1R1分23秒、TKO)ルイス・グスタボ(ブラジル/EVOLUCAO THAI)○

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第4試合 フロイド・メイウェザー(アメリカ)(2R3分15秒、TKO)朝倉未来(トライフォース赤坂)
※非公式戦のため勝敗はなし

◆第3試合 RIZINスタンディングバウトルール:3分3R
皇治(TEAM ONE)(3R50秒、TKO)ジジ(イラン)
※非公式戦のため勝敗はなし

◆第2試合 RIZIN キックボクシングルール:3分3R(※肘有り)(53.0kg)
○吉成名高(エイワスポーツジム)(1R2分24秒、TKO)バンダサック・ソー・トラクンペット(タイ/ソー・トラクンペットジム)●

◆第1試合 RIZIN MMA特別ルール:3分3R (66.0kg)
○三浦孝太(BRAVE)(1R1分54秒、アームバー)ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(タイ/サーイゲーオボクシングジム)●

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル