top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『iCON Z』ガールズグループ部門合格者が決定 ファイナリストから7名がデビューの権利掴む

Real Sound

『iCON Z』ガールズグループ部門合格者7名発表

 LDH JAPANが仕掛ける史上最大のオーディション『iCON Z ~Dreams For Children~』(読み:アイコンゼット ドリームスフォーチルドレン)のガールズグループ部門の合格者が決定。本日9月25日に放送された『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』にてファイナルミッションの模様が放送され、ファイナリスト10名の中からANRI、UWA、RUAN、MIRANO、MINA、HANA、RIAの7名の合格が発表された。

(関連:【写真】『iCON Z』ガールズグループ部門合格者7名

 当初“5人組ガールズグループ”の結成を目指したオーディションだったが、プロデューサーのØMI(登坂広臣)曰く、ファイナルミッションのパフォーマンスを見た結果、ベストなバランスやチームを考えた上で、7人組となったという。

 今回与えられたファイナルミッションの課題は3つ。1つ目はファイナリスト10名全員によるオリジナルダンストラック「KISS & CRY」のパフォーマンス。2つ目はサードミッション上位5名(ANRI、RUAN、UWA、MIRANO、MINA)と下位5名(UNO、TSUKUSHI、HANA、AYUNO、RIA)に分かれて、これまでのオリジナル課題曲「CHILI CHOCOLATE」と「ONE BITE」のパフォーマンス。そして3つ目は2チームによる新たなオリジナル課題曲「Lonely」のパフォーマンス。すべてのパフォーマンスを終え、総合評価の高い7名が合格し、デビューの権利を掴んだ。彼女達はこれからグループ始動に向けて準備期間に入るという。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル