top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

猫と巨大ネズミが仲良くじゃれあうやさしい世界

カラパイア


 緑広がる自然豊かな地域では、猫と巨大ネズミが仲良く戯れているようだ。この巨大ネズミは南米原産の「ヌートリア」で、胴体の長さは猫とほぼ同サイズ。

 日本では特定外来種だが、海外ではペットとして飼っているお宅もある。この家では赤ちゃんの時からヌートリアの「ソーニャ」を飼っており、猫や他の動物たちと一緒に暮らしている。

 ソーニャは猫の「マルキーサ」が大好きだ。後をくっついてきてはじゃれつき、マルキーサに羽交い絞めにされながらも、グルーミングを待っているのだ。ネズミというよりは猫化が加速してしまったようである。

大自然の中仲良く喧嘩する猫と巨大ネズミ

 昨年ここで生まれたヌートリアのソーニャは、猫たちや、他の動物たちに囲まれながら大自然の中で楽しく暮らしている。

 ソーニャは猫たちが好きで、特にマルキーサが大好きだ。草の上にいるマルキーサを見つけるとドコドコと駆け寄ってきて遊んでもらおうとする。

 マルキーサも猫らしい攻撃(じゃれつき)をしつつも、ペロペロとグルーミングしてあげている。
この投稿をInstagramで見る

Оксана Лесная(@ksu.bagira)がシェアした投稿

 なんだかんだで2匹は仲がいいのだ。
この投稿をInstagramで見る

Оксана Лесная(@ksu.bagira)がシェアした投稿

日本では特定外来種に指定されているので飼えない

 南米原産のヌートリアは半水生で川を泳ぐのも得意。日本では第二次世界大戦がはじまると同時に、兵士の軍服の毛皮として、また食料として使用するために、大量に輸入され。

 ところが野生化したヌートリアが増えすぎてしまい、農作物を荒らす被害が相次ぎ、2005年に特定外来生物に指定されてしまったという経緯がある。

 驚くべき繁殖力で個体数を増加させており、生態系への影響や、堤防破壊などが懸念されているそうだ。

 おっとりしていて、カピバラに似たところもあるヌートリアは、賢いし、感情豊かで懐こいところもあるが、日本では飼育することはできない。

 かつては日本の「救世主」として勝手に連れてこられたのに、今では「害獣」として駆除対象になっているヌートリアの気持ちを思うと、ちょっと気の毒になってくる。なんとか共生の道はないものかと、研究者たちも真剣にこの問題に取り組んでいるそうだ。

 そんな感情豊かなヌートリアのソーニャは、マルキーサが他の猫をグルーミングしているとやきもちをやいて間に入って来るそうだ。
この投稿をInstagramで見る

Оксана Лесная(@ksu.bagira)がシェアした投稿

 ソーニャと愉快な仲間たちの動画は『Instagram』か『Tiktok』で見ることができるよ。

written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル