top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「俺しかいない」と皇治がメイウェザー戦実現に意欲もボディーガードのジジは「1ミリもチャンスはない」とばっさり【超RIZIN】

TOKYO HEADLINE

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)でフロイド・メイウェザーのボディーガードを務めるジジ(イラン)をTKOした皇治(TEAM ONE)が試合後の会見で改めてメイウェザー戦実現への意欲を見せた。

 皇治は今回、約20kgの体重差があるジジのプレッシャーに手こずる場面もあったが、3Rに左フックでダメージを与え、右フックで2度のダウンを奪って試合を終わらせた。

 皇治は試合後のマイクで「記者会見だったら圧倒します。試合でも行けるんちゃう?」と前々日インタビュー、前日計量に続き、この日もメイウェザーとの対戦を口にした。

 試合後の会見では朝倉未来戦をTKOで終わらせたメイウェザーについて「試合は見ましたよ。めちゃくちゃ近くで見ました、生マルコメ、すごいですね、素直に。好きとか嫌いとか関係なしに、未来のことも素直にすごいなーと思います。世界の強豪を倒してきたマルコメに正々堂々向かってね、すごいなあと思いましたけど、やっぱりマルコメはすごいすね」とメイウェザーの強さを実感。

 しかし「日本のトップの天心を倒されて、未来も倒されたら、もう俺しかないんじゃないすか? まじで。俺やったら悪いけど、3分3R絶対倒れない! 絶対ね! 倒せるかっちゅうたらそれはちょっと……アレやけどね(笑)。でも俺の左フックやったら倒れるんちゃいますか。あんな巨漢でも倒れんねんから。そういう勘違いしてもいいですか?」と語り「だって、日本にマルコメ呼ぶとしたら誰とやるんですか? いないでしょ。俺しかいない」と勝手にメイウェザーの相手に立候補。「京セラドームでやりたいですね。それを目標に頑張ろうかなと思います」と壮大な目標を掲げた。

広告の後にも続きます

 一方、対戦したジジはこの皇治の野望について「はっきり言って1ミリもチャンスはないと思う」とバッサリ。

 これまで武尊、那須川天心との対決を実現させ、RIZINへの移籍や「ABEMAスペシャルマッチ」でのプロボクサーのヒロキングとのボクシングルールのエキシビションマッチなど、不可能と思われたことを次々と実現させ、常にファンに刺激を与えてきた皇治。果たして京セラドームでのメイウェザー戦を実現させることはできるのだろうか…。

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ) ◆第4試合 フロイド・メイウェザー(アメリカ)(2R3分15秒、TKO)朝倉未来(トライフォース赤坂) ※非公式戦のため勝敗はなし ◆第3試合 RIZINスタンディングバウトルール:3分3R 皇治(TEAM ONE)(3R50秒、TKO)ジジ(イラン) ※非公式戦のため勝敗はなし ◆第2試合 RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(※肘有り)(53.0kg) ○吉成名高(エイワスポーツジム)(1R2分24秒、TKO)バンダサック・ソー・トラクンペット(タイ/ソー・トラクンペットジム)● ◆第1試合 RIZIN MMA特別ルール:3分 3R (66.0kg) ○三浦孝太(BRAVE)(1R1分54秒、アームバー)ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(タイ/サーイゲーオボクシングジム)●

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル