top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「痛い痛いー!腕ついてる?」妹が事故で複雑骨折、長い金具を体の中へ…

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、ななつまこ氏の書籍『模索の扉』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

三章 母と妹の間で──乳がんを患いながらも懸命に生きる妹

三ノ一 まさかの連絡

少し年の離れた妹は、幼い頃の私と違って、体格も良く、大きな病気はなく育ってきました。当時、私が里帰り出産で産後まもなく、赤ちゃんと二人で実家にいたときのことです。

妹は高校生でした。家から近いところに母の職場がありました。昼休憩に母は家に戻ることが多かったのですが、その日は戻りませんでした。昼ごろ救急車のサイレンが聞こえ、止まったので母たち職場の数人が外に出てみたところ、妹がちょうど救急車に乗せられるところだったそうです。

「え? あ、うちの子です」

広告の後にも続きます

「では、乗ってください」

母はもうびっくりして、通りがかった人が呼んでくれたであろう救急車に乗り込み、病院へ向かったそうです。意識が朦朧としていた妹は、救急車内で、「おかあちゃん、私、腕ついているかな?」と聞きました。

「うん、ついているよ」

と母は返事したそうです。突然、車にはねられたようで、悪いことに状況の詳しいことはわかりませんでした。命に別状はありませんでしたが、腕の複雑骨折で手術となりました。母は手術室の前で待っていましたが、妹が手術室から出てくる頃には、もう麻酔が切れかけてきたのか、「痛い痛いー!」と叫びながら出てきたそうです。

痛がっているけれども、どうすることもできなかった、とすごく辛そうに母は言います。金具が入っているのです。しばらく大変です。産後の私と妹の世話もあり、母はまた忙しくなってきました。

「○○ちゃんがいるからウチの家は明るいもんね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル