top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年は職人手仕込みの鰹節を使用した “鴨専用だし”が凄い! 秋は温野菜の「鴨しゃぶ」でお腹もココロも癒されたい

マガジンサミット

あの大人気メニューがかえってきます! 『しゃぶしゃぶ温野菜』(以下、温野菜)では、鴨肉を香り高い専用だしで味わう「鴨しゃぶ」が復活。今秋の期間限定メニューとして2022年9月22日より提供を開始します。

2010年に初登場し2週間で19,000食を売り上げた「鴨しゃぶ」は、断続的に提供されている秋限定の人気メニューです。コロナ禍の影響をうけ提供を控えていましたが、さらに内容をパワーアップさせ、満を持しての登場となります。

今年は、肉や野菜などが食べきりセットになった「鴨しゃぶ御膳」と、鴨しゃぶをはじめ13種の肉、厳選した国産野菜、おつまみなど60種類以上が食べ放題の「鴨しゃぶ食べ放題」の2コースから選べ、独りから複数人まで多様なシーンで鍋を楽しめるのが特徴。

黄色が鮮やかな「たもぎ茸」と肉厚な「生きくらげ」を鍋に浮かべ、厚めにカットされた鴨肉と2種類のねぎ「洒落ねぎ」と「翡翠ねぎ」とを出汁にくぐらせて、贅沢に秋の味覚をいただいちゃいましょう。

写真)2種類のねぎ「洒落ねぎ」と「翡翠ねぎ」を出汁にくぐらせてから鴨肉を一緒にいただくのがおススメだ。

復活したこだわりのだしと素材に注目!

上質な鴨肉の味わいをより引き立てるのが、こだわりの “鴨専用だし”。今年は、口当たりがまろやかでしっとりとした肉質の鴨肉に合う、2種の魚介や本みりんで甘さを加えた「初代極み出汁」を復活。

広告の後にも続きます

高温で表面を燻し、味を閉じ込め旨味を凝縮させる伝統製法「手火山式焙乾(てびやましきばいかん)」で燻した鰹節を使用しており、そこに、昆布・椎茸を重ねることで上品かつ芳醇な仕上がりになっています。肉にはもちろん野菜などとも相性の良い、食べ飽きない味です。

燻しながら乾燥させる「手火山式焙乾」製法でつくられた本枯節。枯節のカビ付けと乾燥の工程を繰り返して熟成させており、雑味のない旨みと香りが特徴。

さらに、野菜や“出汁きのこ”とも呼ばれる「たもぎ茸」をくぐらせれば、鍋のなかでだしが育ち、より旨味が凝縮された仕上りになるそう。鴨肉に、だしがよくからむ「洒落ねぎ」、甘みの強い「翡翠ねぎ」をたっぷり巻いて楽しんでみてください。

トッピングのチーズを、だしにくぐらせてトロトロにさせて鴨肉や野菜と一緒に食べると絶品だ。 ※チーズトッピングは「鴨しゃぶ御膳」の場合は追加注文が必要。
写真)温野菜といえば「つみれ」。今回は「鴨しゃぶ食べ放題」コースを注文すると鴨肉100%の「鴨つみれ」がいただける。

ヘルシーな鴨肉にキノコをそえて菌活も

そしてシメには、あえてバラバラな太さに “乱切り”することで、だしが蕎麦にからむような工夫がされた蕎麦と旨みたっぷりの鴨肉を堪能して大満足。鴨専用の薬味として、爽やかな香りが引き立つ温野菜オリジナルブレンドの「ゆず七味」をふりかけると新たな風味が楽しめます。

鴨肉は、ビタミンB1・B2・鉄分が他の肉より豊富に含まれており、また脂肪分の不飽和脂肪酸含有量が高いため“ビューティーミート”といわれるほど。さらにねぎとキノコを一緒にいただくことでヘルシーさがアップです。

喉越しが良い蕎麦にだしがからみ、最後の最後まで鴨鍋を堪能できる。

温野菜は「いまだ、大人数での食事はなかなか難しい状況かも知れませんが、思い思いに鍋を囲んで上質な時間を過ごしていただきたい」とのこと。この秋は、独りでもグループでも気軽に楽しめる「鴨しゃぶ御膳」や「鴨しゃぶ食べ放題」の上品で贅沢な鴨鍋に、心も胃袋も癒されてみてはいかが。

鴨しゃぶ御膳(税込2,068円)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル