top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蝉川泰果が史上6人目の快挙 大会2年連続のアマチュアV

GDO

蝉川泰果が史上6人目の快挙 大会2年連続のアマチュアV

◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 最終日(25日)◇小野東洋GC(兵庫)◇7113yd(パー72)

首位に並んで出たアマチュアの蝉川泰果(せみかわ・たいが/東北福祉大4年)が後半の5連続を含む8バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算22アンダーと伸ばして、前年大会の中島啓太に続くツアー史上6人目のアマチュア優勝(※)を達成した。

蝉川は今年6月のABEMAツアー「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」でもアマチュアVを遂げており、アマチュアとしてレギュラーと下部の2つのツアーで優勝を果たしたのは史上初の快挙となった。

名前の「泰果」はタイガー・ウッズに由来。松山英樹らを輩出した東北福祉大ゴルフ部で腕を磨く兵庫出身の21歳。日本ゴルフ協会(JGA)の男子ナショナルチームとして中島啓太、岡田晃平(東北福祉大3年)とともに出場した今月の「世界アマチュアゴルフチーム選手権」では、個人戦2位に入る活躍を見せた。

1打差2位に岩崎亜久竜、通算19アンダー3位に桂川有人、通算18アンダー4位は20歳の久常涼が入った。

広告の後にも続きます

首位タイで出た50歳の宮本勝昌は、ジュビック・パグンサン(フィリピン)と並んで通算17アンダー5位だった。

2週連続優勝を狙って首位で出た大槻智春は、小平智らと並んで通算15アンダー10位。前年大会覇者として臨んだ中島啓太は通算8アンダー48位でプロデビュー戦を終えた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル