top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ベテランガードのCJ・マッカラムがペリカンズと2年約91億円で延長契約に合意

バスケットボールキング

ベテランガードのCJ・マッカラムがペリカンズと2年約91億円で延長契約に合意

 9月25日(現地時間24日、日付は以下同)。CJ・マッカラムがニューオーリンズ・ペリカンズと2年6400万ドル(約91億5200万円)の延長契約に合意したと代理人が『ESPN』へ伝えた。

 この延長契約により、9月19日に31歳を迎えたスコアリングガードは2025-26シーズンまでペリカンズの契約下に入ることとなる。

 昨夏からクリス・ポール(フェニックス・サンズ)の後任としてNBA選手会(NBPA)の会長も務める男は、昨季途中にNBA入りから約9シーズンを過ごしたポートランド・トレイルブレイザーズからペリカンズへトレードで移籍。

 新天地ではメインハンドラー役を務め、26試合で平均24.3得点4.5リバウンド5.8アシスト1.3スティールをマーク。ブランドン・イングラムやヨナス・バランチュナス、ハーバート・ジョーンズらと共にペリカンズを引っ張り、ウェスタン・カンファレンス9位の36勝46敗でレギュラーシーズンを終えた。

 そしてチームはプレーイン・トーナメントでサンアントニオ・スパーズ、ロサンゼルス・クリッパーズを相次いで撃破し、4年ぶりのプレーオフ進出。サンズの前に2勝4敗でファーストラウンド敗退となるも、2勝2敗に持ち込む奮闘を見せてサプライズチームとなった。

広告の後にも続きます

 マッカラムはキャリア平均19.2得点3.5リバウンド3.5アシストを誇り、ブレイザーズ時代にもプレーオフを何度も経験しているベテラン。だがオールスターやオールNBAチームの選出経験はなく、ディフェンス面は決して得意とはしていない。

 それでも、ペリカンズのバスケットボール運営部シニア・バイスプレジデントのデイビッド・グリフィン、トラジャン・ラングドンGM(ゼネラルマネージャー)はチーム加入後にマッカラムが見せてきた振る舞いやリーダーシップを評価しており、この男との延長契約をオフシーズンの優先事項としていた。

 ペリカンズは昨季プレーオフ進出を飾った主要メンバーをキープできており、今季はザイオン・ウィリアムソンが2シーズンぶりに戦列復帰するため、ウェスト上位争いへ参戦する可能性を秘める注目チームとなっている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル